亜細亜大が野球教室、九里亜蓮投手、嶺井博希捕手が東浜巨投手と再会

九里亜蓮, 亜大, 東浜巨, 嶺井博希

 亜細亜大学は生田監督の出身地である大分県玖珠町(くすまち)で少年野球教室を開催した。2012年福岡ソフトバンク・ドラフト1位の東浜巨投手や、2013年広島ドラフト2位の九里亜蓮投手、横浜DeNAドラフト3位の嶺井博希捕手などが指導を行った。

 

東浜投手と再会

 亜細亜大ナインは昨年までの大エース・東浜巨投手と約1年ぶりの再会となった。東浜投手は正直言って1年目は苦しんだ。キャンプで体力不足を指摘されると、オープン戦から痛打され、シーズン序盤は1軍で登板したものの失点を重ねてその後はファーム生活をした。プロの壁を感じた1年だっただろう。しかし、シーズン終盤には来年につながる素晴らしいピッチングを見せている。

 大学時代に共にブルペンで球数を投げ合った九里亜蓮投手は「プロで1年を経験された東浜さんにうかがいたい事はあるけど、あえて聞きません。」と話し、東浜投手からは独立して自分のスタイルでプロの世界に挑んでいく。

 また、沖縄尚学と亜細亜大で東浜巨投手の球を受けてきた嶺井博希選手も久しぶりに東浜投手の球を受けていたが、来年からは戦いの相手となる。この日は打撃の手本を見せるとして打席に立ち、8スイング目でレフトスタンドのサク越えの1発を放ち、プロに入る選手のすごさを見せた。「来年は開幕スタメンを掴んで、1年間試合に出続けられるように頑張ります」と話した。

 東浜投手に引っ張られて成長しプロ入りした二人、来年は東浜投手に戦いを挑む。

 

亜大先輩に質問・・・、九里、あえて我慢 - ニッカンスポーツ紙面:2013/12/29

 

開幕スタメンへ、嶺井デモ弾!! - ニッカンスポーツ紙面:2013/12/29

 


PAGE TOP