ドラフト候補スラッガー、立教大・岡部通織が打点王狙う

大学野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 立教大が千葉県銚子市で合宿をスタートさせた。今年のドラフト候補、岡部通織選手は春のリーグ戦に「18打点くらい挙げたい」と4番打者として打点でチームに貢献をする事を誓った。

 

昨秋は2冠

 岡部選手は昨年の秋に打率.460、打点13を挙げて2冠王となった。ホームランも2本放ったものの、早大の中村奨吾選手が4本塁打を放ち、ホームラン王は獲得できなかった。それでも2位を大きく引き離した打率は驚異的で、確実性の高い4番打者として今年のドラフト候補に名前が挙がる。

 またもう一つ、4番としてチームを2位に躍進させた事が大きかった。チャンスメイクもでき、チャンスで打点を挙げる姿に頼もしさを感じさせた。

 

ライバルの存在

 東京六大学には同世代のライバルがいる。早大の中村奨吾選手には3冠を阻まれ、今年のドラフト候補としても中村選手はドラフト1位候補に名前が挙がるなど評価は上だ。明治大の糸原健斗選手も昨秋は打点12を挙げており、あと1点にせまられた。チャンスに強い打撃と内野の守備で高い評価を受けている。

 また立教大の後輩にもライバルがいる。大城滉二選手は打率.370を記録してリーグ3位、佐藤拓也選手も打率.333でリーグ5位につけ、岡部選手の背中を追ってきた後輩が成長し、チーム内で切磋琢磨している。

 明治大が春夏連覇を達成した東京六大学だが、有原航平、中村奨吾の早稲田大、石田健大の法政大など混戦となりそうだ。岡部選手や沢田圭佑投手など投打に選手が揃う立教大も優勝を狙える。

 

 今秋ドラフト候補の岡部は、昨秋リーグ戦で自身初の首位打者を獲得。キャンプ初日のフリー打撃では左打席から快音を連発し「春は18打点くらい挙げたい。最終学年で優勝できれば特別」と、99年秋以来、15年ぶりの優勝を見据えた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント