明大・山崎福也投手は6回9安打3失点、慶大が三宮舜投手の好投で勝利

大学野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 東京六大学の明治大vs慶応義塾大の試合は、明治大のドラフト1位候補左腕・山崎福也投手が2回まで3失点、その後、粘りを取り戻したものの6回で降板した。慶応大は5回から登板した3年生の三宮舜投手が5回3安打7奪三振で無失点と好投し先勝した。

ドラフト1位候補左腕

 明治大のエース・山崎福也投手は初回にストレートを連打され、3安打で2失点、1回にも1失点する。山崎投手は「ストレートが良かったので頼ってしまった」と調子は良かったようだが、それを狙い打たれた。得意のカーブは高めで、バッターのタイミングを外すというよりは、狙っていないので見逃しされているという感じだった。

 山崎投手は186cmの長身左腕、149km/hを記録するもののだいたい140km/h前後でコントロールと変化球が持ち味の投手である。コントロールがうまく出来ないとき、変化球を見逃されてストレートを狙い打たれると厳しいピッチングとなるのが課題となった。

 山崎投手は「課題は変化球を低めに集める事」と話した。プロの評価は高くドラフト1位候補は間違いないが、プロで活躍するには、ストレートを更に磨いたり変化球を増やしたり、もうワンランク成長が必要だと思う。

 

慶応・三宮舜投手が好投

 慶応大は3年生の加嶋宏毅投手が先発、チームが3点を奪ったものの3回に同点に追いつかれるなど、4回を投げて7安打2四球で3失点と苦しいピッチングとなった。しかし、5回から同じ3年生の三宮舜投手が登板すると、5回を3安打7奪三振、4四球を与えるも切れの良いストレートで空振りを奪う好投を見せた。

 また8回にはファーストランナーの谷田成吾選手が、一塁ベンチ前のファールフライでセカンドにタッチアップを敢行、悪送球を誘って三塁ランナーがホームインし勝ち越した。江藤監督からこのプレーを紹介され、以前にも一度決めたことがあるという。

 この日は4番の横尾俊建選手が2安打2打点を記録し、加嶋、三宮、谷田、横尾の3年生世代がチーム一体となり王者・明治から勝利を奪った。今日の2回戦は、明治・柳裕也投手、慶応・加藤拓也投手の2年生対決となる。

 

明大・星知弥投手はここまで6者6奪三振

 明大は7回以降継投したが、来年のドラフト1位候補・上原健太投手が1回ノーヒットに抑えると、8回は2年生の星知弥投手が3者連続三振で無失点に抑えた。

 星投手は東大1回戦でも1イニングに登板し3者連続三振に抑えている。この日も140km/h後半のストレートに力がありバッターは当てることができなかった。今シーズンはこれで2回6人に対し6奪三振でパーフェクト、これがどこまで続くのかも注目したい。

 

 五回から救援した左腕・三宮(さんのみや)が5回3安打無失点でリーグ戦初勝利。同期の3年、加嶋らに先を越され、「正直、くやしかったし、(1勝目まで)長かった。真っすぐを生かせられた」と本音を吐露した。登板直後に左もも裏がつり、気負いが消えたのも幸いした。「三宮がオープン戦から調子は一番だった」と江藤助監督は好投に目を細めた。

 慶大の主砲・谷田がバットではなく、足で魅せた。3―3の8回1死一、三塁。藤本知の一塁ベンチ前への一邪飛で、一塁から果敢に二塁にタッチアップした。「(飛球が)上がった瞬間に(江藤助監督を)見たら“行け”っていうのが見えた」。慌てた一塁手の真栄平が二塁に悪送球する間に、三塁走者の山本泰が決勝のホームを踏んだ。

 谷田は昨春のオープン戦でも、一塁走者としてこのプレーで得点をもぎ取ったことがあるという。「去年“こういうプレーもあるよ”と教えてもらいました。相手が投げてこなければ二、三塁だし、投げてきたら挟まれてもいい」。監督代行を務める江藤助監督は「軍の機密だけど、あいつらが勝手にやったんじゃない?」と含み笑い。自らが仕込んだプレーが決勝点につながり、うれしそうだった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント