明石商の145km/h右腕・松本航投手に阪神が注目

高校野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 春季高校野球兵庫大会では明石商の右腕・松本航投手が5回1安打11奪三振の圧巻のピッチングを見せた。阪神スカウトが評価をしている。

145km/h右腕

 松本航投手はスリークォーターの腕の振りから最速145km/hのストレートを投げ、鋭いスライダー、スプリットなどの変化球で三振を奪える投手として注目されている。

 昨年夏の4回戦は9回6安打13奪三振、秋も神戸弘陵戦で延長11回13奪三振を記録している。この日は八鹿高校戦で5回を投げて1安打11奪三振と先発全員から三振を奪った。松本投手は「今日は狙ったところに投げられました」と話した。ストレートも143km/hを記録し低めに決まった。

 

阪神スカウトが視察

 この試合には阪神の熊野スカウトが視察をし、「兵庫県ではNO1。球速以上に打席でキレを感じるタイプ」と評価した。今後、夏にかけて多くの球団が松本投手を見に来る事になるだろう。楽しみだ。

 

プロ注目明石商右腕、松本航5回11K - デイリースポーツ:2014/4/27

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント