早稲田大・有原航平投手、侍JAPAN大学代表入りならず

有原航平, 田中正義

 侍JANAP大学代表のメンバーが発表され、代表入り確実かと思われた今年のドラフト1位の目玉候補、早稲田大・有原航平投手が落選するという波乱があった。代表監督の善波監督が2年生の創価大・田中正義投手と同じタイプと判断し、二人を比較したうえで田中投手を選択したようだ。

田中正義投手を選択

 有原投手は合宿1日目の紅白戦で先発し、2回を1安打無失点で2奪三振、最速も154km/hを記録しまずは当選確実と思われた。逆に田中投手は大学選手権の疲労もあり2日目の終盤にマウンドに登ったものの2回6安打3失点、しかし球速は153km/hを記録するなど勢いは見せていた。

 善波監督は「有原と田中を比べるイメージだった」と正直に話し、「将来性も考えると私の中では田中だった」と東京六大学で対戦してきた有原投手ではなく、大学選手権で衝撃的な投球を見せた田中投手を選択した。別に二人とも選出しても良いのだが、先発、中継ぎ、リリーフ、そして右、左のバランスを考え、それぞれのポジションの中で選択するという考え方なのだろう。

 代表に選ばれた他の右投手は、亜大・山崎康晃投手、東海大・吉田侑樹投手、仙台大・熊原健人投手、慶応大・加藤拓也投手で、山崎投手と加藤投手はリリーフとして起用するようで、右の先発候補は吉田投手、熊原投手、田中投手となった。タイプの違う投手を揃えたかったのだろう。

 

代表と縁無く

 有原投手は高校3年生の時もセンバツでベスト4まで勝ち上がるなど、140km/h中盤の速球も記録して注目された。しかし夏の大会では初戦で聖光学院と対戦し、歳内宏明投手と投げ合いの末0-1で敗れ、2010年の日米親善野球高校日本代表のメンバーには選ばれなかった。

 また昨年も日米大学野球の日本代表候補として合宿に参加したものの、大瀬良大地投手や関谷亮太投手といった投手が選ばれ、有原投手は落選ている。注目されているにもかかわらず、アマチュア時代は日本代表には縁が無く、プロ入りをする事になる。

 

プロで代表をつかめ

 有原投手は今年のドラフト会議では1位指名確実、プロ入り後にWBC、競技復活となればオリンピック、その他の大会で侍JAPANのユニフォームを着られるようになってほしい。そのためには実績が必要だ。

 有原投手は大学3年まではすごい球を投げていたものの投手としては実績は多くなかった。今春は5勝したものの早慶戦で敗れて全国大会に出場はできなかった。

 まずはこの秋にリーグ制覇し、明治神宮大会でも優勝して大学での実績を作ってほしい。そして明治大の善波監督を見返す事が何よりのリベンジとなる。

 

 今春公式戦デビューしたばかりの2年生右腕・田中正=写真=がドラフト1位候補を抑えて、大抜てきされた。善波達也監督は「先発を探す中で有原と田中を比べた。将来性も考え、私の中では田中だった」と説明した。

 3日間の選考合宿では連日、紅白戦が行われた。20日に登板した有原は154キロを計測し2回無失点で、代表入り確実と見られていた。一方、21日に登板した田中正は2回3失点だったが、154キロの速球で一躍注目を集めた全日本選手権での活躍が評価された。来夏のユニバーシアード(韓国)を見据えて下級生優先の編成とした事情もあり、「全国初登板」からわずか2週間で日の丸を背負うスピード出世となった。田中正は「選ばれないと思っていた。びっくり」と驚きの様子。有原は3度目の挑戦でも代表入りはならなかった。

 一方、京大・田中英祐、名古屋大・七原優介の“国立大コンビ”と共に、今秋ドラフトの目玉右腕、早大・有原航平(いずれも4年)が落選。20日の紅白戦では154キロを計測し、2回無失点と完璧な内容だったが、善波監督は「先発を探す中で、創価大の田中(正義)君と比較して、(勢いが)上がってきているのが私の中では田中君だった」と説明した。


PAGE TOP