侍ジャパン大学代表、田中正義投手が2回1安打4奪三振

社会人野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 侍ジャパン大学代表はJX-ENEOSとオープン戦を行い4-3でが逆転サヨナラで勝利した。先発した創価大・田中正義投手は最速151km/hの速球で、2回を投げ1安打4奪三振と社会人相手にも、プロのスカウトが今年でも1位候補と評価する格の違いを見せた。

監督も想像以上

 この日の田中投手は最速で151km/hを記録し、フォークで2回4奪三振と抜群の投球を見せた。「低めにいっていたので大丈夫だと思った。」と堂々のピッチングで、社会人注目のスラッガー・石川駿選手からもフォークで三振を奪った。

 田中投手は代表でのピッチングについて、「外国人相手では、フォークとカーブが課題になると思う」と話し、変化球を入念にチェックしていた。大学選手権では亜細亜大の選手がストレートをバットに合わせられないほどのストレートを投げていたが、ハーレム国際大会では変化球も織り交ぜていく。

 この日の投球に善波監督も「想像以上だった。楽に投げていた」と田中投手を高く評価した。代表監督をうならせる田中投手だが、まだ投手としての体力的に途上の選手でもある。使いすぎないようにしてほしい。

 

その他の投手

 2番手では浜田智博投手が登板し2回をノーヒット1奪三振と結果を残した。3番手の熊原投手は2回を投げて1失点、4番手の山崎福也投手、5番手の山崎康晃投手はそれぞれのイニング数は不明だが1失点し、今年のドラフト候補二人はやや状態が不安だ。

 特に山崎康晃投手は昨年の日米大学野球のような投球が期待されている。そして昨年より成長した姿を見せなければならない。

 

野手の活躍

 2-3と勝ち越された9回裏に、明大・坂本誠志郎選手の同点3ベースヒットで勝ち越すと、1アウト満塁となって谷田成吾選手が押し出しの四球を選んでサヨナラ勝利を飾った。

 早大の武藤風行選手が3番DHで出場し、3回にタイムリーヒットを放つなど2安打2打点の活躍を見せている。武藤選手は春の東京六大学リーグで4本塁打を放ち注目されているが、野球は大学で辞める事を決めており、卒業後はアメリカに留学するという。

 

JX-ENEOSは

 JX-ENEOSは大城基志投手が先発したが初回に1失点、3回に1失点で2失点し降板した。その後はルーキーで三上朋也投手の後継者である船本一樹投手が好投を見せたが、今年のドラフト候補の一人・尾田佳寛投手が乱調で9回に2失点し逆転負け。

 また山崎錬選手が6月に左手首を骨折し離脱と都市対抗王者が苦しんでいる。しかし大久保監督は「チームはようやく冬眠から覚めてきた」と話し前向きのようだ。

 大学野球全日本合宿(2日、バッティングパレス相石スタジアムひらつか)社会人野球の強豪・JX-ENEOSとオープン戦を行い、大学日本代表が4-3でサヨナラ勝ちした。先発の右腕・田中正義投手(2年)=創価大=が、最速151キロの直球とフォークなどで2回を1安打4奪三振無四球無失点に抑えた。

 「低めに(ボールが)いっていたので大丈夫だと思った。(海外遠征の)外国人相手では、フォークとカーブが課題になると思う」

 田中正が期待通りの好投を見せた。最速151キロながら、外国人打者対策としてフォークボールとカーブを織り交ぜて本番を想定。今秋ドラフト候補の井領や石川駿らから計4三振を全て空振りで奪い「落ちる球は有効だなと感じた。きょうの感覚を覚えておきたい」と手応えを口にした。善波達也監督は「予想以上。楽に投げていた」と評していた。

 1点を追う九回裏、無死二塁で8番・坂本誠志郎捕手(明大3年)が右越え三塁打で同点とし、一死満塁となったところで谷田成吾外野手(慶大3年)が押し出しの四球を選んで、都市対抗2連覇中の王者を下した。

 先発の大城が3回途中2失点。最後は9回に尾田が踏ん張れずサヨナラ負けを喫した。それでも、大久保秀昭監督は「チームはようやく冬眠から覚めてきた」と悲観はしていない様子だった。 

 2年目の山崎錬が6月に左手首を骨折し苦しい戦いとなる。18日に開幕する都市対抗に向け、渡辺主将は「みんなであいつの分まで一緒に戦う」と決意を新たにしていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント