亜大・山崎康晃投手、8回に一挙4点を奪われ黒星、12球団スカウトは評価も

山崎康晃, 中央大, 亜細亜大, 福田将儀

 東都大学リーグが開幕し、亜細亜大vs中央大の試合が行われた。中央大は島袋洋奨投手は登板しなかったが、亜細亜大のドラフト1位候補・山崎康晃投手を攻略し5-3で中央大が勝利した。

山崎康晃投手、粘れず

 6回までは無失点、147km/hのストレートに得意のスライダーやナックル、そして今季から取り入れたスローカーブやチェンジアップなど多彩な変化球を織り交ぜていたが、7回に1失点、8回には連打のあとにスクイズを決められ1失点、さらに四球のあと暴投で1点を与え、最後にはプロ注目の福田将儀選手に2点タイムリー三塁打を打たれた。

 7回2/3で10安打5四死球で5失点、生田監督は「オープン戦からこんな感じ。もう少し粘ってほしかった。自滅ですね」と話した。また中央大の秋田監督も「山崎君はブルペンから球が走っていなかった。疲れがあるのかな。必ず逆転できると思っていました。」とみていたようだ。

 山崎投手も試合後に「今の力が数字に表れている」と話した。投球の幅を広げるために球種を増やしたようだが、自らは不安を抱えていたのかもしれない。

 

プロの評価は変わらず

 この日は12球団の関係者が視察に訪れ、東北楽天は立花球団社長も顔を見せた。広島の苑田スカウト部長など首脳クラスも視察した。苑田スカウト部長は「春よりいくらか腕の振りや体のキレも良くなっている」と話した。しかし投球内容については、「ドーンと速い真っすぐで押せば、持ち前の投球ができるはず」と変化球を増やして頼っている所に疑問も感じていたようだ。

 昨年まで主にリリーフとして活躍していた山崎投手、今年は先発の軸としてフルに活躍するために、春は体重を85kgまで増やし変化球を増やして臨んでいた。5勝を挙げたものの、3年時までに見せた完璧に抑えるような力強さが無く2敗を喫している。当初は「大学生で頭一つ抜けている」と評価していた広島も、春のリーグ戦後には「有原君の一人勝ち」と話すように評価を落としていた。

 この秋は体重を74kgまで絞って臨んだことでキレは良くなっているのだろうが、春や侍ジャパン大学代表での戦いで疲労がたまっているのかもしれない。しかし100球前後でつかまるなど先発としては課題を残した。

 試合の結果だけで判断できないが、生田監督も「リリーフとしての適性を強く感じている」と話すように、プロのスカウトも先発よりはリリーフとして見ているのではないかと思う。その目で見れば6回までの投球内容で判断することになる。

 

中央大は島袋洋奨投手回避

 中央大学は先発は島袋洋奨投手ではなく、2年生で春のリーグ戦で先発の経験を積んだ山手幹投手が先発した。山手投手は7回を8安打4四死球も2失点と粘りの投球を見せ、チームに勝利を呼び込んだ。

 タイムリー3ベースを放った福田将儀選手は俊足外野手としてプロから注目されている。この夏に1日600スイングで打球に力強さが出ており、その結果が現れた形となった。

 

 天を仰いだ。2点リードの8回。山崎はスクイズで1点差に迫られ、自らの暴投で同点。2死二、三塁から福田将儀に決勝三塁打を浴びた。要所で踏ん張り切れず、ここで降板。10安打5失点を喫し「今の力が数字に表れている」と完敗を認め、生田勉監督(48)は「もう少し粘ってほしかった。自滅ですね」と苦言を呈した。

 それでも、進化の兆しは示した。山崎は「相手も研究してくる。目先を変えよう」と今秋に向けて練習した80キロ台の“新球”スローカーブを織り交ぜ、中盤まで打たせて取った。立花社長が視察した楽天など、国内12球団のスカウトがネット裏に集結。広島・苑田統括スカウト部長は「春よりいくらか腕の振りや体のキレも良くなっている」と評価した。

 勝負とは別に秋のドラフト上位候補として注目度は抜群。全12球団の関係者が視察したが、「ドーンと速い真っすぐで押せば、持ち前の投球ができるはず」(広島・苑田統轄部長)と変化球主体でこの日最速の147キロの直球を生かしきれていないことに「?」マークも。2年連続で大学日本代表の抑え役を務めた右腕の本領発揮が待たれる。

 5回以外は毎回走者を背負う苦しい投球。最速147キロの直球やスローカーブ、チェンジアップなどの新球も織り交ぜて6回まで無失点にしのいでいたが、球数が100球を超えた7回以降につかまった。生田勉監督は「オープン戦からこんな感じ。もっと粘りが欲しかった。自滅ですね」と厳しかった。

 2番手投手の調子が上がっていないチーム状況で手痛い黒星。山崎は汚名返上に向けて「2戦目は抑え、3戦目は先発でいけるよう準備したい」と3連投も辞さない覚悟を口にしていた。


PAGE TOP