東農大北海道がドラフト候補2人でノーヒットリレー

玉井大翔, 風張蓮, 東農大北海道, 苫小牧駒沢大, 吉岡慎平

 北海道六大学リーグでは東農大北海道vs函館大の試合が行われ、東農大北海道がプロ注目の風張蓮投手、玉井大翔投手の二人のノーヒットリレーで1-0で勝利し5連勝を飾った。

二人のエース

 東農大北海道は風張蓮投手が先発し7回途中までノーヒットに抑えると、救援した玉井大翔投手もノーヒットに抑え、1-0で函館大を完封した。

 風張蓮投手は高校時代に無名校ながら注目された投手で、大学でも151km/hを記録して、先日も6球団10人のスカウトが訪れるなど注目されている。そしてもう一人、玉井大翔投手も1年生で春の開幕カードの先発に抜擢され、そこでノーヒットノーランを達成するという鮮烈なデビューをし、エースとして活躍をしてきた。

 共にドラフト候補として注目されており、ドラフト会議では指名が予想される。

 

苫小牧駒大、吉岡慎平投手が2/3回で降板

 また苫小牧駒大の149km/k右腕・吉岡慎平投手は、先日の旭川大戦で8回コールド完封勝利を挙げるなど順調だったが、この日の函館教育大戦では先発したものの2/3回で降板をしたようだ。

 何かのアクシデントではないかと思われるが、大学屈指の速球を持つドラフト候補だけに気になる。

 2季ぶりのリーグ制覇を目指す東農大北海道と、春秋連覇を狙う苫小牧駒大がそろって開幕5連勝を飾った。東農大北海道は先発の風張蓮(4年=岩手・伊保内)、7回途中から救援した玉井大翔(4年=旭川実)の無安打リレーで函館大にに1-0で競り勝った。苫小牧駒大は5番近江洋紀右翼手(4年=札幌日大)が本塁打を含む3安打の活躍で、北海道教大函館に5-2で勝利した。


PAGE TOP