中大・福田将儀選手がホームランに3ベース、島袋洋奨投手と共にプロ志望届提出

島袋洋奨, 中央大, 福田将儀

 東都大学リーグの中央大vs駒澤大の試合では、プロ志望届を提出した中大・福田将儀選手が、来年のドラフト1位候補、駒大・今永昇太投手を攻略して勝利を収めた。

プロ志望届提出

 中大の2番に入る福田将儀選手は、習志野高校時代に甲子園でホームランを放つなど、長打力も秘めた選手でプロも注目をしている。

 この日は駒大エースの今永昇太投手から、6回にレフトスタンドにホームランを放つと、7回にはライト戦に流して快足を飛ばして3ベースヒットとした。初戦で完封された今永投手に対し、「バットを短く持って上から叩く対策をした」と話した。

 プロ志望届を提出してプロからの指名を待つ。俊足でセンターを守り細かい技もでき手長打もある選手だが、プロではセカンドやショートが守備優先で外野手は打撃が優先される事が多く、ポジション的になかなか難しそうだ。外野手としての守備力が相当高いか、プロ入りしてから打撃がどれだけ伸びると評価するのかが、プロ入りするポイントとなりそうだ。

 

島袋洋奨投手もプロ志望

 中央大からは島袋洋奨投手もプロ志望届を提出した。島袋投手はこの日も登板は無かった。プロ志望届を提出した島袋洋奨投手は「プロに行きたい強い気持ちがある」と話し強い意欲を示した。

 興南高校時に春夏連覇をし、大学でも最速150km/hを記録した左腕として、人気、ポテンシャルで多くの球団が注目をしている。3年秋に6敗を喫し、春は球速は出ていたものの四球を連発、そして秋は球速も出なくなっており苦しい状態が続いている。

 それでもプロのスカウトは可能性を探って視察を続けている。今季、復活に繋がりそうな投球ができるかどうかで、プロ入りが決まりそうだ。

 中大の福田将が決勝弾を含む2安打2打点の活躍。同点の六回に左越えソロを放つと、七回にも右翼線への適時三塁打で追加点をたたき出した。「最後のシーズン。どんな結果でも思い切ってやろうというのが、いい方向に出ている」と、今季は打率5割近い好調ぶり。この日、プロ志望届を提出した俊足巧打の2番打者は「持ち味を出すことだけを考えている」と、気を引き締めた。


PAGE TOP