富士大・多和田真三郎投手が151キロ、巨人、阪神スカウトがドラフト1位評価

大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 明治神宮大会の1日目、富士大vs創価大の試合では、1年時にこの大会でノーヒットノーランを記録して以来注目されてきた富士大・多和田真三郎投手が先発すると、自己最速となる151km/hを記録した。

4回途中降板

 多和田投手は1年時のこの大会、国際武道大を相手に9回を0安打9奪三振2四球でノーヒットノーランを達成している。

 その舞台に再び上った3年生の多和田真三郎投手は、この日は自己最速と2キロ上回る151km/hを記録するなど150km/hを連発した。しかし、投球内容は3回2/3を投げて6安打6四死球、自責点5で4回途中で降板した。球が上ずり「自分が試合をつぶしたようなもの。悔しい」と話した多和田選手、1年生の投球を越える事はできなかった。

 

プロはドラフト1位評価

 しかしスタンドで視察したプロのスカウトは、球速が増した多和田投手を絶賛した。巨人の榑松スカウトは「柔らかさにパワーがついた。間違いなく1位の12人の中に入るでしょう。」と話すと、阪神の葛西スカウトも「ずっと良いわけじゃないから。カーブやフォークの落ちる球をしっかり投げられていた」と変化球も評価をしていた。

 リーグ戦では三振を2ケタ奪うものすごいピッチングを見せる反面、四死球で崩れたりという場面もまだあるようだ。来年、ドラフト1位で指名されるためには、この日の球威で制球された球を投げる事が必要となる。

 ストレートだけでなく、体全体を使った柔らかいフォームや変化球など総合力の高さを1年生から証明している。来年の注目投手の一人として、春から活躍してほしい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント