法政大がスポーツ推薦合格発表、富山商・森田駿哉投手、市川越・上條将希投手など15人が合格

高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

法政大がスポーツ推薦で、富山商・森田 駿哉投手、小高工・菅野 秀哉投手、日本文理・鎌倉 航捕手など15人の合格を発表した。

2014年法政大学推薦合格者(野球部)

守備選手名高校特徴説明
投手金子雄太常総学院172cm69kg 右右小柄ながら143km/hのキレのある球で甲子園
投手上條将希市川越171cm65kg 左左最速146km/hの全国屈指の左腕 
投手菅野秀哉小高工183cm75kg 右右長身からきれいなフォームの143km/hにプロ注目
投手宮本勇磨明豊180cm65kg 右左夏大分は佐野皓大に敗れるもエースとして活躍 
投手森田駿哉富山商183cm79kg 左左146km/h甲子園で活躍、プロ志望なら1位もあった
捕手鎌倉航日本文理166cm71kg 右右小柄な捕手だが2塁1.9秒の送球とフットワーク評価高い
捕手中村浩人多良木178cm75kg 右右善武士投手をリード、盗塁を許さない肩、パンチ力あり
内野手川口凌横浜高167cm67kg 右左高濱祐仁に譲ったものの遊撃手の守備では横浜高NO1
内野手北竜馬佼成学園175cm75kg 右右鋭いスイングで広角にヒット打ち分ける技術もある遊撃手
内野手小林満平中京大中京175cm76kg 右左通算30本塁打で愛知NO1打者の声も
内野手原田寛樹春日部共栄179cm75kg 右左4番としてチームを甲子園に導く、打球強い
内野手吉岡郁哉智弁学園176cm80kg 右左岡本和真の後の4番を打つスラッガー、遊撃手としても◎
外野手大西千洋阪南大高181cm74kg 右左関西屈指の外野手としてプロも注目、将来期待大
外野手中谷幸介九州国際大付187cm78kg 右右確実性低く下位打順も、ハマった時のパンチ力すごい
外野手中山翔太履正社186cm85kg 右右4番打つもセンバツでは絶不調、パンチ力が魅力

 

 さすが法大という補強、投手では森田投手、上條投手、菅野投手とドラフトでも上位に入ってもおかしくない投手を揃え、捕手の鎌倉選手のほか川口選手、大西選手といった逸材も獲得した。

 また中谷選手、中山選手といった大型選手、原田選手や小林選手といった長打力を持つ選手を揃え、監督の変わるチームにおいて、長打を打つ選手を探しているようだ。慶応の谷田成吾、明治の高山俊などクリーンナップにどっしりと座る選手になってほしい。

 

立て直し

 法政大は2013年春にOBと監督など幹部が揉めて金光監督が辞任し神長監督が指揮した。その春は2位だったものの最後の最後に優勝を逃し、その後は3季連続5位と低迷した。エース・石田健大投手が不調の中で、玉熊将一投手等が出てきているが、他に獲得した素質ある選手が芽を出していない。

 東京六大学リーグでも屈指の補強をしている法大、他のチームに負けるわけにはいかない。そして素質ある選手を延ばす責任を負っているとも言える。

法政大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント