京大グラウンドに礼、別れを惜しむ雨の中、田中英祐投手が飛び立つ

田中英祐, 京都大

 千葉ロッテのドラフト2位ルーキー・田中英祐投手が京大のグラウンドを訪れ、京都大に別れを告げた。28社80人の報道陣が押し寄せた。

想像できなかった未来

 2011年に白陵高校から京都大工学部に合格して入学し、野球部に入部した。4年後どんな道を進んでいるのかいろいろ想像したと思うが、最も想像から遠い道に田中英祐投手は進んだ。「1年生の時は想像できなかった。夢にはあったけど、本気でプロになるなんて考えていなかった」と話した。

 その未来につなげたのは、京大のグラウンドがあった。工学部での学問と両立させながらグラウンドや近くの吉田神社で練習をつづけた。リーグ戦では近大や立命大、同志社大といった高校生の注目選手を集める大学を相手に負け続け、それでもグラウンドで汗を流した。

 そして、1年生で147km/hを記録、2年生で京都大の連敗をストップする勝利、4年生で勝ち点を挙げるなど、京都大の歴史を変える活躍を見せた田中英祐投手を中心に、グラウンドにも笑顔と活気が増えてきた。そして4年、京都大初のプロ野球選手となった。

 

雨のグラウンドに礼

 4年間通い続けたグラウンドは、この日は雨だった。グラウンドは別れを惜しんでいた。田中英祐投手も雨の中で、グラウンドに向かっていつもより少し深くて長い礼をした。

 明日、田中投手は千葉ロッテの寮の入る。千葉ロッテ・田中英祐としての道の行く先は、まだ想像できない。

 


PAGE TOP