九州六大学野球リーグが開幕!注目選手など

大学野球ドラフトニュース

 九州六大学リーグが本日開幕する。注目選手などを紹介する。

投手

 王者・福岡大は唐仁原志貴投手が最終学年を迎える。昨年までは捕手の梅野隆太郎選手や、エースだった大森健志投手なども支えがあったが、今年はエースとしての力を期待される。持ち前の切れ味抜群のストレートが見せられるか、またリーグ戦を通して結果を残せるか。またサイドスローから140km/hのキレの良い球を投げる本多裕哉投手、3年生で145km/hを投げる有吉弘毅投手、147km/hを投げる轟木達也といった選手もおり層が厚い。プロ野球で投手として活躍した渡辺正和監督の采配も注目。

 九州国際大は昨年活躍を見せた上米良有汰投手に加え、宇部工業時代はケガで活躍できなかったものの145km/hの速球を投げる江口賢太投手や、高椋俊平投手、山本晃希投手といった1年生が期待される。

 

野手

 西南学院大の八戸勝登(やえ しょうと)選手は昨年春のベストナイン、秋には打率.438、10打点、3本塁打で3冠王に輝いた。清峰高校時代に投手から野手に転向すると3年夏は4番サードで長崎大会準優勝、西南学院大に進むと1年生の春からライトでレギュラーとして出場している。168cm小柄だが、100mを越える遠投力と昨年秋の3本塁打など、パワーもある選手でもある。

 福岡大の3年生・北野貴昭選手は50m5秒台の足が光り、遊撃手としても抜群のセンスを見せる。九州国際大の宮城知秀選手は社会人野球を経験してから大学に入学し、昨年春は4本塁打でホームラン王となった。

福岡大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

九州国際大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

西南学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015年度-九州六大学リーグのドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント