東都大学リーグ開幕、日大・京田陽太選手などドラフト候補に注目

松田進, 笹川晃平, 京田陽太, 黒木優太, 森山恵佑, 久保田昌也, 阿部健太郎

今日から東都大学リーグが開幕する。多くの球団がドラフト上位候補に名前を挙げる日大・京田陽太選手など、ドラフト候補のラストスパートに注目が集まる。

プロ注目選手

東都リーグでは昨年は駒大の今永昇太投手、東洋大の原樹理投手、青学大の吉田正尚選手がドラフト1位で指名された。その時点で東洋大、青学大は2部リーグだった事から注目された。

今年は昨年の3選手ほど実力的に評価されている選手はいないものの、日大の京田陽太選手は守備が抜群の大型遊撃手として高い評価をされている。打撃に関してはまだまだ課題があり、侍ジャパン大学代表でも下位を打つなどしているが、守備では吉川尚輝選手を抑えてショートのレギュラーとなっている。捕球から送球まで動きがシャープで、大きな体だが華がある。また50m5秒台の俊足もあり、打撃で対応ができれば1番遊撃手として期待できる。

もう一人ドラフト指名確実といえるのが、2部の立正大・黒木優太投手だろう。180cmの本格派右腕で153キロの速球を投げ、1部を含めてもNO.1投手の呼び声高い。春のリーグ戦終盤に一塁に駆け込んだ際に故障し復帰が待たれるが、全国的にも屈指の速球派投手でスカウトも連日足を運ぶ事になりそうだ。

その他のドラフト候補

その他の候補では、亜細亜大・諏訪洸投手、国学院大・久保田昌也外野手、専修大・森山恵佑選手、東洋大の笹川晃平外野手、阿部健太郎内野手、中央大・松田進内野手、国士舘大・園田翔一朗投手、青山学院大・岡野祐一郎投手、立正大・神戸文也投手などがこれまで注目されていた。

笹川選手、久保田選手、森山は攻守ともにセンスがありレベルの高い選手だが、外野手というポジションはそれほど需要が多くない事から今の段階で指名されるかどうかは微妙な状況、ただし社会人の候補と比較となるが候補がそれほど多くなく、即戦力と判断するためにもこの秋の活躍が必要だ。

内野手でも阿部選手は打撃のセンスも高く、松田選手は大型遊撃手として素質があるものの、もう1段階上の活躍を見せてほしい所。

投手についてはプロも需要は高く、特にファーム組織を拡大させているチームもあり、指名は多いと思う。特に2部に岡野投手や神戸投手、園田投手など球速も力もある楽しみな選手がおり、プロ志望をすれば育成も含めれば指名がありそうだ。しかし東都のチームの選手だと名門社会人への道もあり、育成ドラフトを受け入れるかどうかだろう。

2016年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

 

これまでは守備練習を重視してきたが「守備だけじゃ上でやっていけない」と自主練習で打撃練習にも打ち込むようになった。「プロはずっと目標にしていた場所。やるしかない。先頭に立って一球一球に食らいつくだけです」。京田の代名詞とも言える「全力疾走」で頂点まで駆け上がる。

日大・京田以外にも、星稜出身で「ゴジラ2世」と称される左の長距離砲・森山主将(専大)、今春に外野手でベストナインの久保田主将(国学院大)、今春リーグ優勝捕手の宗接(亜大)らもドラフト候補に挙がる。


PAGE TOP