新潟医療福祉大に日本文理高・荒木陵太選手、帝京長岡・バンゴーゼム投手などが合格

新潟医療福祉大, 荒木陵太, バンゴーゼムゲレック高, 稲垣優斗, 藤塚光二郎

関甲新リーグで今年、快進撃を見せた新潟医療福祉大がスポーツ推薦の合格を発表し、日本文理高の荒木陵太外野手、稲垣優斗投手、藤塚光二郎投手や帝京長岡のバンゴーゼムゲレック高投手など、新潟県内の有力選手が合格した。

県内の有力選手続々

新潟医療福祉大は新潟明訓高校で監督として甲子園に何度も出場した佐藤監督の下に、笠原祥太郎投手、竹石智弥投手など県内の有力選手が集まり、創部4年目の今年春のリーグ戦で1部優勝まであと一歩のところまでたどり着いた。ドラフトでは笠原投手が中日にドラフト4位で指名され、2年生の漆原大晟投手は150キロ右腕として注目されている。

その新潟医療福祉大にさらに県内の有力選手が集まってくる。

日本文理高の荒木陵太選手は高校1年時に飯塚悟志投手などを中心に夏の甲子園でベスト4に勝ち上がった時にベンチ入り、打撃と肩を高く評価されていた。また稲垣投手はチームの主力として130キロ後半の速球とスライダーを投げ、打撃や守備の良さも評価されている。藤塚投手は137キロの速球を投げる。

また帝京長岡高校のバンゴーゼム投手は185cm87kgの右腕で球速は138キロを記録、また4番打者としても帝京長岡高校の広いグラウンドでネット越えの打球をたびたび見せ、長打力も高く評価された。プロ数球団のスカウトも視察に訪れている。

バンゴーゼム投手はまずは投手として「力で勝負できる投手になりたい」と話し、「笠原さん以上の速さ、150キロを大学4年間で出したい」とプロ入りした笠原投手を目標とした。

新潟県の高校と大学がタッグを組み、関甲新制覇と全国制覇を目指す。

新潟医療福祉大のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

日本文理高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-高校生-新潟県のドラフト候補リスト

新潟の強豪・日本文理から、強打者の荒木陵太外野手、藤塚光二郎投手、稲垣優斗投手(いずれも3年)が新潟医療福祉大(関甲新学生野球リーグ)に合格した。

「笠原さん以上の速さ、150キロを大学4年間で出したい」。そして「力で勝負できる投手になりたい」と理想を掲げる。


PAGE TOP