奈良学園大・宮本丈選手、阪神スカウト「課題は打撃」

奈良学園大, 宮本丈

デイリースポーツの虎が追うの特集で、大学NO.1遊撃手の呼び声高い奈良学園大・宮本丈選手が取り上げられている。阪神スカウトは「課題は打撃。この1年でどれくらいの結果を残せるか」と話した。

履正社出身

宮本丈選手は遊撃手としてフットーワークの良いプレーを見せ、大学日本代表候補にも選出されるなど、今年の大学生内野手でトップクラスの評価を受けている。履正社高校では3年時に5番を打ち、奈良学園大は1年生の春からリーグ戦に出場してこれまでベストナインを5度受賞している。

宮本選手は中学時代にノーステップ打法で結果が出るようになったが、履正社では岡田監督よりすり足打法への矯正を求められていたという。しかしすり足に切り替えても結果が出ず、結果がすべてと割り切ってノーステップ打法にこだわると結果が出始め、岡田監督も認めて3年春のセンバツでは5番で甲子園でプレーした。

大学では昨年の大学野球選手権に出場すると、2回戦の九州国際大戦で8回に勝ち越しのホームランを放つと準々決勝の関西国際大戦では延長10回タイブレークで、満塁ホームランを放ち勝負を決めた。準決勝で中央学院にノーヒットの抑えられたが、試合を決める2本塁打で注目を集めた。

プロ入りを目指す宮本選手、「個人的には大学ジャパンに入ってNO.1遊撃手と呼ばれるように。プロに入れるようなふさわしい結果を残していきたい」と話した。阪神スカウトが指摘する打撃、どのくらいの結果を残すことができるか注目したい。

奈良学園大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年大学日本代表候補選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2017 Draft home page

宮本ノーステップ打法、ぶれずに貫き目指すは一番星だ デイリースポーツ紙面 2017/1/31

PAGE TOP