日大が4チームに分け紅白戦、148キロ右腕・田村孝之介投手が好投

日本大, 松田進吾, 田村孝之介

日大は4チームに分けての白熱した紅白戦が行われているという。この結果から、選手がAチーム、Bチームに振り分けられる。

ベストナイン選手がBチームスタートも

選手個人のプレーももちろん、各チームの順位争いもAチーム、Bチームの振り分けに影響するという。この厳しい紅白戦で新2年生の田村孝之介が、4回を3安打無失点と結果を出し、Aチーム入りをアピールした。

田村投手は日大三出身、175cmの右腕で最速は148キロを投げる。期待の速球派投手でこの日の紅白戦では第1試合で先発をした。今年のリーグ戦での活躍を目指す田村投手は「まずここ、次にオープン戦で結果を出してリーグ戦登板」と話した。

また新3年生になる松田進吾外野手は、この日の第1試合で満塁ホームランを放った。しかしその後は、第2試合でも結果が出ず、6打数1安打4打点。この成績に松田選手は「まだまだ。最後の試合で結果を出さないといけない」と話した。

日大は昨年秋にリーグ優勝を果たした。ベストナインには6人が選ばれ、そのうち、捕手の八田夏選手(新3年)、内野手の上川畑大悟選手(新3年)、外野手の長沢吉貴選手(新3年)が残っているが、この3人もAチームに残れるかは全くわからない。

チーム内の厳しい競い合いで選手が成長し、春にも東都で力を見せてくれそうだ。

日本大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

第1試合で先発した新2年生の最速148キロ右腕・田村孝は4回を3安打無失点も「まずここ、次にオープン戦で結果を出してリーグ戦登板」と気を引き締めた。

この日第1試合で満塁本塁打を放った松田進吾外野手(新3年)も2試合計6打数1安打4打点で「まだまだ。最後の試合で結果を出さないといけない」と話し、気を抜かず、最終打席まで全力を出すつもりだ。


PAGE TOP