亜細亜大・北村拓己選手がヤクルトとの交流戦で4安打2打点、4球団スカウト視察

大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

亜細亜大は東京ヤクルトの2軍と練習試合を行い、プロ注目内野手の北村拓己選手が2本のタイムリーヒットなど5打数4安打2打点の活躍を見せた。

3番サード

北村選手はこの日、3番サードで出場すると、初回に1アウト2塁の場面で、杉浦稔大投手から先制のタイムリーヒットを放つ。また、5-6で迎えた9回2アウト1,2塁の場面ではセンター前にヒットを放って同点に追いつき、勝負強さも見せた。

5打数4安打2打点の活躍だったが、北村選手は「プロを打ったことは自信にはなるけど、自分たちは大学生を相手にして打つのが大事。もっと対応しないと東都では戦っていけない。」と気を引き締めるようなコメントをしている。

この日は4球団のスカウトが視察し、福岡ソフトバンクの荒金スカウトは「実戦向き」とはなした。

兄の北村祥治選手は大学時代に2番セカンドでチームプレーに徹するスタイルだった。現在はトヨタ自動車に進み、今年のドラフト候補となっている。弟は主軸として打点を挙げる仕事を担う。勝負強さと打球の強さ、そしてサードの守備でアピールできれば、ドラフトでの指名があるかもしれない。

亜細亜大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

 「3番・三塁」で先発した主将は、初回1死二塁で、杉浦から先制の右前適時打。1点を追う9回2死一、二塁では、風張から同点の中前適時打を放ち、勝負強さを発揮した。

プロ4球団のスカウトが視察し、ソフトバンク・荒金スカウトは「実戦向き」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント