首都大学リーグのドラフト候補と展望

大学野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 2017年大学野球春季リーグニュース

今日は、首都、関西学生、関西六、関甲新、神奈川、東海地区、近畿学生、京滋、中国地区、九州地区の各リーグが開幕する。注目選手などを紹介する。まずは首都大学リーグ。

首都大学リーグ

今年のドラフト候補は東海大の下石涼太選手、桜美林大の大平達樹捕手の名前が挙がる。下石選手は1年時よりショートを守っていたが、攻撃面でやや伸び悩みを感じさせ、昨年はセカンドに回るなどしていた。大学屈指の遊撃手として注目されてほしい存在で、この春の活躍に期待したい。

また大平投手は佐々木千隼投手をリードして安定したキャッチングを見せ、また昨年秋の明治神宮大会では環太平洋大戦と日大戦で2試合連続のホームランを放った。5番捕手としてチームを引っ張り、リーグ戦優勝、明治神宮大会準優勝に導いた立役者の一人でもある。キャッチングなど総合的なレベルアップを図ることができれば、捕手の需要は高くドラフト指名もありそうだ。

筑波大は小柄ながらリーグ屈指の速球を見せる大場遼太郎投手と、リリーフで圧巻の投球をみせたりする大道寺拓投手がいる。近年、他大学に押されがちの筑波大だが、良い選手がプレーしており、成長を期待したい。

下級生では日体大3年の松本航投手が150キロの速球とリーグを代表するエースとして認知されており、来年のドラフト上位候補はほぼ確定していそうだ。また東海大の3年生の青島凌也投手は昨年の横浜市長杯で完全試合を達成、高校時からのキレの良い真っすぐが魅力。東海大では左腕の横川楓薫投手も高校時から注目されており、平山快選手は昨年秋に首位打者となった。

優勝は?

チームでは昨年のドラフトで松原聖弥選手(巨人育成ドラフト5位)、南要輔選手(東北楽天育成ドラフト2位)の2名のプロ野球選手を輩出した明星大が1部に昇格した。特に打者のスイングに鋭さがあり、桜美林大のように短期間でリーグ制覇まで駆け上がるかもしれない。

選手層の厚い東海大が優勝最有力だが、エースのいる日体大も優勝候補。桜美林大は佐々木投手の抜けた穴を埋める投手が出てくるか、帝京大、筑波大はやや決め手がないため、新しい選手の台頭を期待したい。その中で明星大がどこまで上がってくるか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント