奈良学園大・宮本丈選手に9球団スカウト視察、阪神が評価

大学野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

近畿学生リーグでは奈良学園大のプロ注目内野手・宮本丈選手が3打数1安打1盗塁を記録、試合に敗れたが守備や足で好プレーを見せた。

素材がいいことはわかっている

宮本丈選手はこの日、4回1アウトの守備で三遊間の打球をスライディングキャッチをすると、一塁へ鋭い送球でアウトにし、また6回にはヒットで出塁すると盗塁を決めた。守備と足でアピールをした。

この日は9球団のスカウトが視察に訪れ、阪神の山本スカウトは「素材がいいことは分かっているからね」と評価、すでに評価は固まっているようで、あとは特徴だったり、将来どこを伸ばせばよいのかなどを分析している段階に入っている。

チームはこの日3-7で逆転負け、宮本選手は9回2アウト1,2塁の場面でヒットを打つことができなかったことを反省したが、大学NO.1内野手の評価は不動のものになった。

2017年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

見せ場は作った。四回1死で三遊間の打球をスライディングキャッチすると、一塁へ鋭い送球。六回無死は左前打を放ち、二盗も決めた。阪神の山本スカウトは「素材がいいことは分かっているからね」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント