国学院大・山崎剛選手には広島スカウト部長が高評価

大学野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

専修大に勝ち越した国学院大は、今年のドラフト候補内野手の山崎剛選手が3試合連続のマルチヒットを記録し、広島・苑田スカウト部長が高い評価をしている。

今日は全然違う

プロ注目内野手の山崎剛選手は、今シーズン前までは不調が続いていたが、初戦にホームランなど5打数2安打を記録すると、2回戦は6打数2安打、そしてこの日は5打数3安打を記録した。

初戦ではホームランを放ったものの「自分で打った感じがしない」と話していたが、「逆方向を意識して感覚がパチッとはまった。昨日まではたまたま。今日は全然違う」と話し、自分の思い通りの打撃ができるようになったと喜んだ。

このバッティングに視察をした広島の苑田スカウト部長は「タイミングの取り方がいい。打率が残せる選手」と高い評価をした。セカンドを守り、50m5.9秒の足がある。広島ではセカンドで出番は少ないかもしれないが、セカンド、ショートの人材が注目度は高い。

山崎選手はこの3試合で7安打を記録し、リーグ通算安打数を76に伸ばした。100安打がかなり近づいた。

国学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

「逆方向を意識して、感覚がパチッとはまった。昨日まではたまたま。今日は全然違う」と手応え。広島・苑田スカウト統括部長は「タイミングの取り方がいい。打率が残せる選手」と称賛した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント