東農大北海道の宮本誉士樹投手が147キロ記録、日本ハムなど5球団視察

東農大北海道, 宮本誉士樹

今年のドラフト候補でサイドスローから140キロ中盤の速球を投げる、東農大北海道の宮本誉士樹投手が自己最速となる147キロを記録した。

サヨナラ負けも

宮本誉士樹投手は186cmの身長があり、右のサイドハンドからこれまで145キロを記録していた。この日は2回に147キロを記録して自己最速を更新し、旭川大に対して9回までわずか3安打に抑える好投を見せた。

「今秋で1番調子がよかった。だから、きょうは何がなんでも勝ちたかった」と話した宮本投手だったが、延長となった10回に球が高めに浮き0-1でサヨナラで敗れ、チームの自力によるリーグ優勝の可能性は消えた。

この日は5球団のスカウトが視察し、北海道日本ハムの白井スカウトは「あの腕の位置から147キロですからね。クセ球でボールの強さもある」と評価した。力もあり変則フォームとしても貴重な宮本選手、ドラフト会議では指名の可能性が十分ある。

今日の旭川大の2回戦でも「悔いが残らないように絶対に抑える気持ちで投げたい」と投げる意気込みを語った。

2017年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
2017年度-大学生-北海道のドラフト候補リスト

 バックネット裏では5球団のスカウトが大型右腕を視察し、日本ハムの白井スカウトは「あの腕の位置(横手)から147キロですからね。クセ球でボールの強さもある」と評価した。


PAGE TOP