奈良学園大・宮本丈選手がリーグ通算100安打達成

奈良学園大, 宮本丈

近畿学生野球リーグでは、奈良学園大の宮本丈選手が、リーグ5人目となる通算100安打を達成した。

腰痛から復帰

9月11日の試合を、腰痛によって欠場してから4戦ぶりの復帰となったこの日、それでもまだ本調子でなく7番DHで出場をしたが、4回に同点に追いつく2点タイムリー3ベースヒットを放ち、リーグ通算100安打を記録した。

「今日決められて良かったです」と話した宮本選手、チームにとっても勝ちにつながる貴重なヒットだった。

今後は腰の様子を見ながら、ショートの守備につく事も検討していく。大学生のショートの候補としてトップクラス評価の宮本選手、最後のリーグ戦を悔いなく戦って、あと1か月に迫った10月26日のドラフト会議を待ちたい

2017年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

試合前には練習不足を補うため、父美和(よしかず)さん(49)とバッティングセンターに行き、約100球を打ち込んだ。28日の大市大戦は、様子を見ながら遊撃で出場する見込み。来月26日のドラフトに向けて元気な姿をアピールする。


PAGE TOP