奈良学園大・宮本丈選手に阪神、巨人、ソフトバンクから調査書

奈良学園大, 宮本丈

奈良学園大でドラフト上位候補内野手の宮本丈選手には、巨人、阪神、ソフトバンクの3球団から調査書が届いていることが分かった。

この日は4打数ノーヒット

腰痛によりこの日も7番DHで出場した宮本丈選手は、この日は得点圏にランナーを置いた場面で3度打席に立ったものの、すべて凡退した。4打数ノーヒット、チームも大阪市立大に2-5で敗れ勝ち点を落とした。

宮本選手は「負けた責任を感じている。今日は何かがおかしかった。負けてから言うんじゃ遅いけど、もっと万全な準備をしたい」と反省を口にした。

リーグ通算100安打を達成した宮本選手は、元々ショートとして守備や足で評価が高く、9月16日にプロ志望届を提出している。今のところ、阪神、巨人、福岡ソフトバンクの3球団から調査書が届いているという。

スカウトも連日のように宮本選手をチェックしており「焦りもある。万全な状態でいけるようにしたい」と最後のアピールをする。

2017年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

今季はリーグ史上5人目の通算100安打を達成。走攻守3拍子そろった遊撃手の元には、すでに阪神、巨人、ソフトバンクから調査書が届いている。「(結果が伴わずに)焦りもある。万全な状態でいけるようにしたい」と残り少ないチャンスでプロにアピールを誓った。


PAGE TOP