日体大・松本航投手に阪神スカウトが注目、低めに伸びる快速球

日体大, 松本航

デイリースポーツの虎が追うのコーナーでは、日体大で明治神宮大会優勝に貢献した松本航投手が紹介されている。

球速以上のキレ

松本航投手は176cm85kgの右腕で、明石商時代に147キロの速球を投げ、プロのスカウトが注目した投手、大学でも球速は150キロまで伸ばした。

しかし松本投手が注目されているのは球速だけでなく、球の質の良さ。低めのコースに決まるストレートは糸を引くように伸びていく。明治神宮大会の九州共立大戦では球速は140キロ前半だったものの、プロ注目スラッガーでその前の試合に2本塁打を放っていた片山勢三選手が2三振した。片山選手は「低めの制球力と伸びがあって、狙っていても下を振ってしまった。」と話した。

阪神の平塚スカウトもその試合を視察し、「球速以上のキレがあってビュッと来る。みんなバットにまともに当たらないでしょ。横の角度もあるし。スピードガンじゃないんだよね」と話した。

この秋のリーグ戦では3勝を挙げ、防御率は0.77、関東地区大学選手権では国際武道大戦で4安打完封勝利、そして明治神宮大会では準々決勝の九州共立大戦で6回1失点に抑えると、連投の準決勝では東洋大を4安打完封した。

松本選手は侍ジャパン大学代表でもプレーをしているが、チームメイトだった4年生のうち7人が今年のドラフト会議で指名された。「身近だった人がテレビで笑っていた。プロに行きたいなと思った」と話し、プロの志望を口にした。

実績では大学生トップクラスで、実力も非常に高く評価されている。ドラフト1位の12人に入って来る可能性も十分ある。

2018年度-大学生投手のドラフト候補リスト

低めが伸びる快速球、松本 デイリースポーツ紙面 2017/11/21

PAGE TOP