立正大が練習納め、プロ注目の小郷裕哉選手、釘宮光希投手が来年の意気込み

大学野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

立正大はこの日、今年の練習納めとなり、プロ注目の小郷裕哉選手は大学代表入りとプロ色を目標とした、148キロ右腕の釘宮光希投手も意気込みを見せた。

プロに行くのが目標

小郷裕哉選手は177cmの左打ちの外野手、50m5.8秒の足があり、今秋は打率.347でリーグ2位、2本塁打、4本の三塁打を記録した。高い身体能力と長打力、足がある外野手としてプロが注目している。

その小郷選手も来年の目標について語り、「大学代表に入って、プロに行くのが目標です」と話した。そのために、左打ちの外野手である阪神・糸井選手、ソフトバンク・柳田選手を目指し、「三塁打にはこだわっている。足が速くて、パワーがないと打てない。何か1個でも、トップクラスにしたい」と、来年も三塁打にこだわるとした。

左打ちの外野手はプロにも人数が多いが、来年は糸井、柳田クラスのパワーと足を見せてアピールし、ドラフト会議での指名につなげたい。

東洋大に勝つ

また最速148キロの速球を投げる釘宮光希投手も来年の目標について語り、「優勝した東洋大との差は実力差というより、主力、リーダー的な存在の差だったと思う。」と話し、来年は4年生として投手のリーダーとしてチームを引っ張ることを誓った。

釘宮投手は日大三出身で、173cmと小柄だが148キロの速球を投げる。今秋は防御率は3.70でリーグ9位だったが、4勝2敗の成績を残し、5勝の東洋大のドラフト1位候補・甲斐野央投手に次ぐ成績を残した。来年は甲斐野投手とエースとして勝負をしていく。

立正大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2018年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

 昨秋、指揮官に直訴して内野手から外野に転向。1部昇格した今秋は、50メートル5秒8の快足でリーグ最多の三塁打4本を放ち、同2位の打率3割4分7厘でチームを引っ張った。今月上旬には大学日本代表の選考強化合宿に参加。同じ左打ちの阪神・糸井、ソフトバンク・柳田を理想に挙げ、「三塁打にはこだわっている。足が速くて、パワーがないと打てない。何か1個でも、トップクラスにしたい」。ノムラの考えをバイブルに躍動する。

また、立正大(東都大学野球)もこの日で練習納めとなった。最速148キロ右腕・釘宮光希投手は、「優勝した東洋大との差は実力差というより、主力、リーダー的な存在の差だったと思う。I年間、けががなくやっていけるように作っていきたい」と課題を挙げ、自覚を持って来春に臨む姿勢を示した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント