立正大のプロ注目スラッガー・伊藤裕季也選手が、東洋大の3投手打ちに闘志

立正大, 伊藤裕季也

東都リーグは東洋大の甲斐野央投手、梅津晃大投手、上茶谷大河投手の3投手が注目をされるが、打者でプロも注目する立正大の伊藤裕季也選手が、東洋大投手陣打ちに闘志を燃やす。

右のスラッガー

立正大・伊藤裕季也選手は右のスラッガーで、180cm95kgの大きな体からの長打力が魅力、昨年秋のリーグ戦では最終戦でレフトスタンドにホームランを放ち、チームの2位に貢献をしている。

しっかりした体から強いスイングを見せ、プロのスカウトも注目をしているスラッガーで、2年生の秋からは自分でカウント別の打撃成績などを作成して管理をしているが、「自分で作ることで勉強になる。配球を読んで、しっかり捉えられるようになった」と話す。

リーグ戦で優勝するためには、東洋大打倒が必要となる。ドラフト上候補に挙がる150キロトリオについて、レベルの高い投手が多いが打たなければ勝てない」と話し、攻略に闘志を燃やす。

プロも大勢が集まることになる東洋大との試合で、伊藤選手がホームランでも打てば、スカウトの目に大きなインパクトを与える事になる。対戦を注目したい。

立正大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2018年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

武器は2年秋から取り組む自作のデータ。カウント別の結果などを自らエクセルに打ち込んで分析する。「自分で作ることで勉強になる。配球を読んで、しっかり捉えられるようになった」。1メートル80、95キロの体格とプロのスカウトからも高い評価を受ける力強いスイングで、各校の実力派投手を撃破する。


PAGE TOP