立命大・辰己涼介選手が特大弾にレーザービーム、亜大・頓宮裕真捕手も特大弾

亜細亜大, 立命館大, 頓宮裕真, 辰己涼介

立命館大は亜細亜大と練習試合を行い、プロ注目の外野手・辰己涼介選手が、守備ではレーザービーム、打っては特大ホームランを放った。また亜細亜大のプロ注目捕手・頓宮裕真選手も特大のホームランを放った。

スター候補

辰己涼介選手は180cmの身長があるが、50mは5.8秒で走り、遠投は120mを越えると言われる。また侍ジャパン大学代表として日米大学野球でホームランを放つなど、プロ野球でのスター候補の一人と注目をしている。

その辰己選手はこの日、6回にフルスイングを見せると、打球はセンターのやや左の深い所に飛び込むホームランを放ち、7回にはレフト前にヒットを打つと、8回の守備では、2アウト2塁の場面でセンター前に飛んできた打球を捕球し、ホームにノーバウンドで返球を見せた。共にスタンドを沸かせるプレーに、スター候補の素質を見せた。

プロ注目捕手

また亜細亜大もプロ注目の頓宮裕真捕手が4回、6回にヒットを打つと、7回に変化球を救い上げ、レフトフェンスを越えるホームランを放った。

また守備でも盗塁を刺し、こちらも強肩と強打を見せた。頓宮選手は、「まだまだです。チームも守備が課題なので。自分としては下半身を鍛えた効果は出てきたかもしれませんが、打撃も試行錯誤です」と話した。

共に外野手、捕手で即戦力とも評価される二人、今後の活躍が期待される。

2018年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
2018年度-大学生捕手のドラフト候補リスト

亜大4番の頓宮裕真捕手(3年=岡山理大付)は、4、6回と詰まりながら安打にすると7回にソロ本塁打を放った。バットの先で変化球をすくい上げると、打球は楽に左翼フェンスを越えた。捕手としては盗塁も刺したが「まだまだです。チームも守備が課題なので。自分としては下半身を鍛えた効果は出てきたかもしれませんが、打撃も試行錯誤です」と控えめだった。

 一方の立命大・辰己涼介中堅手(3年=社)は守備で魅了した。8回2死二塁で中前へ飛んできた打球を本塁へノーバウンド返球。「レーザービーム」にスタンドが湧いた。打撃では6回に左中間へソロ本塁打、7回には右前安打を放ち、広角へ打ち分けた。


PAGE TOP