関甲新学生リーグ(2018春)の見どころ

大学野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

関甲新学生リーグの春季リーグ戦が今週末に開幕する。注目選手などを紹介します。

注目選手

昨年は上武大の島田海吏選手が阪神にドラフト4位で指名され、また宮川哲投手(東芝)は社会人に入って150キロの球を連発している。鳥巣誉議選手(JFE東日本)なども注目された。

今年も上武大からプロ野球選手が誕生しそうだ。吉田高彰捕手は180cmの体があり、遠投110mの強肩を見せる。打撃では特に目を見張るという所まではいかないが、しっかりとしたスイングができ、逆方向に強い打球を打つ力がある。昨年、ドラフト候補として注目された捕手が、プロ志望届を出さなかったが、吉田選手は進路をどのように判断するのか注目したい。

上武大は下級生時代から活躍を見せてきた4年生の寺沢星耶投手も、キレの良い球を投げる左腕として期待されるが、3年生の西村雅暉投手が185cmから148キロの速球を投げる右腕で、来年のドラフト候補として大いに注目される。

常磐大は高校時代に146キロを記録した谷中規彦投手に期待をしたい。新潟医療福祉大の漆原大晟投手は最速149キロの速球を投げ期待されているが、昨年秋は1勝5敗と苦しんだ。この冬に一変することができるか。184cmから147キロの速球を投げる齋藤央兆投手にも期待したい。

作新学院大の鈴木逸斗投手は181cmの左腕投手、高校時代は軟式野球をしており、硬式は大学に入ってからだった。しかし昨年は2勝4敗も防御率2.93でリーグ6位、実戦経験を積んで成長をしている。

白鴎大の力のある投手が揃い、ジャーマイアス賢三投手や比嘉新投手などが4年生のシーズンとなる。龍昇之介などの打撃も注目されるが、部の不祥事による影響もあるかもしれない。

3年生では白鴎大の主将・大下誠一郎選手は高い実力を見せており、上武大の渡辺巧選手は高校時に投げては146キロ、打っても高校通算62本の打撃を見せていた。頭角を現してほしい。新潟医療福祉大の飯塚亜希彦投手は145キロの速球をなげる右腕で、昨年秋は2勝4敗、リーグ10位の成績をのこしている。

2018年度-関甲新学生リーグのドラフト候補リスト
2018年度以降-関甲新学生リーグのドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント