ドラフト注目大学生、この秋のチェックする選手は?

松本航, 甲斐野央, 梅津晃大, 頓宮裕真, 清水昇, 辰己涼介, 東妻勇輔, 上茶谷大河

ドラフト会議に向け、大学の秋季リーグ戦がスタートし、4年生のプレーが注目される。この秋、特に注目したいのは?

大学生の選手ランク

大学生では、東洋大の甲斐野央投手、梅津晃大投手、上茶谷大河投手の3人と日体大の松本航投手がドラフト1位候補、それに続くのが国学院大の清水昇投手と辰己涼介選手、他にスラッガーの頓宮裕真選手、155キロを記録した日体大の東妻勇輔投手がどう絡んでくるかという所。

その中で、しっかりと評価が確定されていないのが、梅津投手と東妻投手で、梅津投手は今日にも登板が予想される。実力通りの投球を見せられれば、ドラフト1位当確となり、競合の可能性も出てくる。

他にも評価が定まっていないのが、関西大の山本隆広投手、東海大の完全試合投手・青島凌也投手、名城大の栗林良吏投手、九州国際大の佐藤卓実投手。ともに150キロ近い球を投げるが、山本投手は故障もあり春の登板が無く、青島投手は春は不調だった。栗林投手、佐藤投手は最終的な判断がすでにされているかもしれないが、ポテンシャルを秘める投手で、秋に評価を上げるかもしれない。青島投手は開幕カードで登板しなかったところを見ると、評価を上げるのはちょっと難しいかもしれない。

他にも投手では星槎道都大の福田俊投手、北翔大の伊藤宏太投手、八戸学院大の152キロ左腕・高橋優貴投手、富士大の149キロ左腕・鈴木翔天、東北福祉大の152キロ右腕・藤川昂蓮投手、宮城教育大の150キロ右腕・松下圭太投手、新潟医療福祉大の151キロ右腕・漆原大晟投手、国際武道大の151キロ右腕・平川裕太投手、早稲田大の小島和哉投手、駒沢大の149キロサイドハンド・白銀滉大投手、桐蔭横浜大の150キロ右腕・須永悦司投手、神奈川大の中野 貴仁投手、京都産業大・川辺凛投手、立命館大の150キロ右腕・山上大輔投手、福岡大の馬場康一郎投手、九共大の152キロ右腕・島内颯太郎投手などの、この秋の投球内容と進路が注目される。

野手でも東洋大・中川圭太選手、日本大・長沢吉貴選手、法政大・中山翔太選手、向山基生選手、明治大・逢澤崚介選手、駒沢大・岡田耕太選手、大商大の太田光捕手、奈良学園大の米満凪選手などが、この秋のプレー内容と、進路が注目される。

個人的には中央学院大の石井聖太投手、法政大の菅野秀哉投手、森田駿哉投手の復活と復調に望みをかけたい。石井投手は登板できれば本当にうれしい。

2018年度-大学生のドラフト候補リスト


PAGE TOP