立教大が始動、野球継続を決意した藤野隼大捕手にDeNAが視察

大学野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

立教大がこの日、今年の初練習を行った。今年のドラフト注目捕手・藤野隼大選手などに、横浜DeNAの視察が訪れた。

強肩強打捕手

立教大・藤野隼大選手の最終学年となるチームでの練習がスタートした。藤野選手は181cm80kgの捕手で、セカンドまで1.75秒を記録する強肩と、2年生の秋に打率.386、4本塁打を記録した打撃に注目が集まる。川越東出身でもともとは大学を卒業後は一般就職を考えていたというが、いまや大学捕手四天王の一人として注目される。

大学生捕手では東京六大学に慶応大の郡司裕也選手がおり、また昨年は侍ジャパン大学代表入りすると、東海大の海野隆司選手、東洋大の・佐藤都志也選手とポジションを争った。藤野選手は「負けたままでは終わりたくない」と話し、ライバルへの対抗心を燃やす。

そして進路についても、社会人かプロ入りを目指すことを話した。主将として「守り勝つ野球で臨みたい。」と話すが、この日はロングティーなどで初日から振り込みを行い、「個人としては打率3割台後半でキャリアハイを狙います」と打撃でチームを引っ張り、プロへもアピールをしていく。

この日は横浜DeNAのスカウトが姿を見せ、藤野捕手に視線を送った。打撃では2年生の秋が今のところキャリアハイで、昨年は春は打率.306に1本塁打、秋は打率.195、0本塁打に終わっている。日米大学野球、ハーレムベースボールウィークと夏に2大会に出場した大学代表のメンバーでやはり疲れが残った。参加した選手は秋に成績を落とす選手もいた。

今年は春のリーグ戦にしっかりと調子を合わせ、2年秋を超える成績を残したい。社会人野球の内定を得るためには春の活躍が必要で、また、ドラフト会議で指名されるのにも、スカウトが評価付けをする春、そして大学野球選手権での活躍が不可欠となる。

2019年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
2019年のドラフト候補

プロ注目の捕手・藤野は「いけるところまで野球をやりたいです。節目の年に主将。何か縁を感じます」と春季リーグで4季ぶり14度目の優勝を目指し、卒業後にプロか社会人野球へ進む青写真を描いた。二塁送球1・75秒という強肩の持ち主は、視察したDeNAスカウトの前でロングティー打撃なども行った。

一般就職の進路も考えていたが、東海大・海野、東洋大・佐藤、慶大・郡司ら、ライバル捕手の存在が刺激になり、競技続行を決断。「負けたままでは終わりたくない」と侍ジャパン大学代表で正捕手の座を狙う。この日は、練習初日から振り込み。キャリアハイの成績を残し、プロ入りを猛アピールする。

主将藤野隼大(はやた)捕手(3年=川越東)は「守り勝つ野球で臨みたい。個人としては打率3割台後半でキャリアハイを狙います」と、年頭の抱負を語った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント