サンスポが注目する2020年ドラフト候補野手、中央大・牧秀悟選手

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

サンケイスポーツは主な高校生、大学生のドラフト候補の捕手・内野手・外野手を紹介している。中央大の牧秀悟選手に注目が集まる。

セカンドの長距離砲

牧秀悟選手の魅力と言えば、セカンドを守り4番を打てる可能性のある選手という事だろう。その牧選手の原点はサヨナラエラーだった。

牧選手は松本第一高校時にショートを守り、投手としても140キロを記録する強い肩が評価されていた。また打撃の良さも定評があった。中央大に進むと1年生の春からショートのスタメンに抜擢されるほど高い評価を受けていた。

開幕の日大とのカード、1回戦は無難に終えた牧選手だったが、2回戦では2-2の同点で迎えた延長10回裏、1アウト1,3塁からショートゴロを送球エラーし、サヨナラで敗れる。その後、牧選手は大きく成長し、2年時には3番ショートとして出場するようになるが、3年生になりセカンドに転向すると打撃が一気に開花し、今年春は首位打者に2本塁打、秋も打率.361で3位、1本塁打14打点で打点王に、7本の2ベースヒットが特に注目される。

侍ジャパン大学代表でも3年生ながら4番に起用され、見事に期待に応えた。プロでも内野手として4番や主軸を打てる選手、「坂本さん、鈴木誠也さんが目標」と話す牧選手、貴重な存在で獲得することができれば球団にとって非常に大きなものとなりそうだ。

2020年ドラフト候補野手

サンケイスポーツが紹介する2020年の野手のドラフト候補、内野手では亜細亜大の矢野雅哉選手、九産大の児玉亮涼選手など、足・肩に特徴を持つ選手がリストアップされており、外野手でも日大藤沢の姫木陸斗選手は、投げても139キロの強肩で、高校通算20本塁打を打つ長打力、足も速く、外野の守備範囲が広い。楽しみな選手だ。

2020年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

チーム事情から遊撃で起用されることが多かったが、二塁にコンバートされてから送球の負担が減り、打席でも余裕が見られる。広角に打ち分ける巧みな技術で、大学日本代表のクリーンアップも務める。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント