近大の佐藤輝明選手に巨人スカウトが2人で視察「1位だろう」

近畿大, 佐藤輝明

大学NO.1スラッガーと注目される近畿大の佐藤輝明選手がこの日、佛教大とのオープン戦で1安打1打点と結果を残した。巨人の長谷川スカウト部長は「1位だろう。12人に入ってくるでしょう。」と話した。

2打数1安打1打点

今年の大学NO.1スラッガー、近大の佐藤輝明選手はこの日、3番サードで出場をした。3回に犠牲フライで1打点、6回にはライト前にヒットを打ち2打数1安打1打点、1四球という内容で今年初の対外試合で結果を残した。

佐藤選手は、「あの場面で外野フライを打ちたかった。よかったと思う」と話したものの、「反省点がたくさん出た。速く感じた。どんどん打席に立って慣れていきたい」と話し、これから調子を上げていく。

この日は巨人の長谷川スカウト部長と渡辺スカウトが2人態勢で視察をしたが、長谷川スカウト部長は「柳田の大学生時代よりもパワーがある。1位だろう。12人に入ってくるでしょう。大きい割にバタバタしていないし、スイングもいい」と話し、打撃と共にサードでの動きも評価した。

巨人は右の若き大砲・岡本が育っているが、阿部慎之助選手や高橋由伸選手の後継となる左の大砲候補として佐藤選手に注目をする。

阪神も密着マークをしており、佐藤選手の獲得を目指す球団は多い。今年の目玉候補としてドラフト1位で指名重複となる可能性もある。

2020年ドラフト指名予想
2020年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

この日は巨人が2人態勢で視察。長谷川スカウト部長は「(ソフトバンクの)柳田が大学生の時よりもパワーはあるかもしれない。どっちかと言えば、柳田は引っ張り専門だったけど、彼の方が広角に長打が打てる」と、高評価した。「(ドラフト)1位だろう。12人に入ってくるでしょう。大きい(187センチ、93キロ)割にバタバタしていないし、スイングもいい」と、賛辞を並べた。

それでも、視察した巨人の長谷川スカウト部長は「柳田(ソフトバンク)の大学生時代よりもパワーがある。(1位指名の)12人に入ってくるでしょうね」と高評価。


PAGE TOP