慶大・瀬戸西純選手が先頭打者弾、中日スカウト「小力がある」

慶応大, 瀬戸西純

慶応大はHondaとオープン戦で対戦し、1番ショートで出場した瀬戸西純選手が先頭打者弾を放った。

昨年まで打順は下位

瀬戸西純選手は慶応高校出身の遊撃手で、昨年まではショートのレギュラーを獲っていたが、8番など下位打線を打っていた。今年に入るとオープン戦でホームランを量産しており、鋭い当たりの2塁打も多くなっていた。

この日は1番ショートで出場すると、初回の先頭バッターでHondaの米倉貫太投手の初球をスイングすると、バックスクリーン右に飛び込むホームランを放った。初球からのスイングについて「積極的に打ちにいくスタイルで、先頭でヒットを打つことが多かった柳町さんをイメージしています」と、昨年までチームの主軸を打った柳町達選手(福岡ソフトバンクドラフト5位)を積極打法を取り入れ、「甘く入ったらいこうと思っていました」と初球をスイングした。

この日は9球団のスカウトが視察をしていたが、中日の八木スカウトは「小力がある」と評価した。ショートとしては2年生からレギュラーを守っており定評がある。今年は主将としてチームを引っ張る他、打撃でもこの春はかなり結果を残しそうで、秋のドラフト会議までに柳町選手くらいの評価を得てプロ入りをしたい。

評価をした中日は昨年も慶大主将の郡司裕也捕手を獲得しているが、2年連続で慶大主将の指名となるかも注目したい。

2020年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

昨年までは下位打線を打っていた。「1番は打席数が違う。でも、後ろにいい打者がいるので、変に気負わずにいけます」と話した。理想の1番打者には、慶大の1学年先輩、ソフトバンク柳町を挙げた。「積極的に打ちにいくスタイルで、先頭でヒットを打つことが多かった。柳町さんをイメージしています」。冬場、積極的なスイングを意識して取り組んだ成果が出た。

守備を買われ、2年春からレギュラーをつかんだ。ただ、昨秋までは下位打線が“指定席”。新チームでは主将を務め、バットでも上位打線としての期待は大きい。視察した中日。八木スカウトは「小力がある」と評価。


PAGE TOP