慶応大・木澤尚文投手が150キロで6回8K、DeNA吉田顧問「楽しみ」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

慶応大は155キロ右腕の木澤尚文投手がこの日のHondaとのオープン戦に先発し、150キロのストレートで6回4安打8奪三振1失点の投球を見せた。

150キロ、8K

木澤尚文投手はこの日、ストレートは最速で150キロを記録した。社会人を相手にインコースの厳しい所を攻めると、スプリット、カットボールで空振りを奪い、6回を投げて4安打8奪三振1失点の好投を見せた。木澤投手は「悪くなかったです。ただ、いい時に抑えるのは当たり前。悪い時に、どう抑えるかです」と話した。

木澤投手が不満と感じたのは5回、「変化球が手詰まりになって、自分で首を絞めてしまいました」と話し、昨年まで東京六大学で対戦していた早稲田大出身の檜村篤史選手に追い込みながらヒットを許すと、続く立教大出身の藤野隼大選手、鳥取城北出身で4年目の布袋翔太に連続で死球、満塁のピンチとなり中村選手にレフト前にタイムリーヒットを許した。この1点で抑えたものの「追い込んでから欲が出ました。三振を狙いにいってしまいました。当てられてもいいと考えれば良かったです」と話し、追い込んでからヒットや死球を与えてしまった事を反省した。

それでも、この日は9球団のスカウトが視察をしたが、横浜DeNAの吉田顧問兼球団代表補佐は「楽しみ。いい体をしているしフォームもいい。インサイドにも放れる。直球はもっと良くなる」と高く評価をした。

木澤投手は2年春のリーグ戦で初登板をすると、主にリリーフとして投げた。昨年春は4試合に先発をすると、20回1/3を投げて13安打29奪三振で防御率2.21を記録して飛躍をしたが、秋は1試合に登板に終わっている。それでもその1試合は早慶戦で、2回を投げて1安打1四球も6三振を奪っている。

今年、春のリーグ戦は先発でこの日のように6回前後を投げる試合が多くなりそうだ。その中で5勝0敗を記録すれば、昨年の津留崎大成投手(東北楽天ドラフト3位)以上の評価を受ける事になる。ドラフト会議でも2位以内の指名が有力となる。

2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

9球団のスカウトが視察した。DeNA吉田孝司顧問兼球団代表補佐は「楽しみ。いい体をしているし、フォームもいい。インサイドにも放れる。直球は、もっと良くなる」と期待を込めて評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント