立命館大・榮枝裕貴選手が盗塁2度刺す、阪神スカウト「十分いける」

立命館大, 榮枝裕貴

立命館大のプロ注目・榮枝裕貴捕手が、この日の大阪産業大とのオープン戦で盗塁を2度刺し、強肩をアピールした。

セカンドまで1.8秒送球

榮枝裕貴選手はこの日、3回1アウト1塁で相手が仕掛けてきた盗塁に、矢のような送球を送って二塁で刺すと、5回には1アウト1,2塁の場面でも果敢に仕掛けてきた三盗を刺した。

「走ってきたら一番の見せ場だと思っています」とセカンドまで1.8秒の強肩を見せ、「自信あるので本当に。アウトやでと」と、走ってきたらアウトやでという強肩を見せつけた。

この日はオリックスと阪神の2球団が視察、阪神は榮枝捕手を以前から注目していると話してるが、この日も熊野スカウトが「あれだけ肩が強い子はいない。余裕がある感じがする。」と評価し、プロ野球でも「十分いけると思う」と絶賛した。

阪神、オリックス共に捕手が補強ポイントの一つとなっている。関西大学NO.1捕手で古田2世と言われる榮枝選手がその筆頭候補に挙がってくるかもしれない。

2020年度-大学生捕手のドラフト候補リスト

オリックスとともに視察に訪れた阪神の熊野スカウトは「あれだけ肩が強い子はいない。余裕がある感じがする。(プロでも)十分いけると思う」と絶賛した。


PAGE TOP