九州NO.1の打撃、プロ志望の九共大・平良竜哉選手に注目

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

九州の大学生野手でNO.1と評価されるのが、九州共立大の平良竜哉選手だ。プロ志望を明らかにしており、今はただ試合ができる日を待つ。

スポンサーリンク

強打の二塁手

平良竜哉選手は170cmの二塁手だが、リーグ戦では盗塁王、首位打者だけでなく、強いスイングで打点王、ホームラン王にも輝いている。

2年春には11盗塁を記録して盗塁王のタイトルを獲得すると、秋には打率.564で首位打者、4本塁打でホームラン王、20打点で打点王で三冠王となりMVPも獲得した。3年秋には首位打者、盗塁王、打点王に輝いた。

ホームランは1年春に3本を記録すると、2年春に3本、秋に4本、3年春に3本、秋に1本で既にリーグ通算14本塁打を記録している。

リーグ打率打数安打本塁打打点盗塁
1年春.2614612381
1年秋.233307023
2年春.357562031911
2年秋.56439224203
3年春.34943153162
3年秋.45231141117
合計.36724590147627

その平良選手は今年、リーグでの通算100安打、20本塁打、100打点などを達成できるのではないかと注目されていた。プロ志望を明言しており、またチームの主将ともなって今年にかける強い意気込みを持っていた。しかし、新型コロナウイルスの影響により春のリーグ戦はいまだ開幕できない状況が続いている。

やることはたくさんある

九州共立大は、チームの練習を3月に休止しており、寮にいた選手も自宅に帰れる選手は戻っている。しかし沖縄出身の平良選手は自宅に戻れず、寮にとどまっている。

「みんなは家に帰りたいと言っていますが、自分はやることがいっぱいあって、時間を持て余すことが無い」と話し、社会人野球に進んだ先輩などからトレーニング法を聞き、それを実践している。毎日、自分のスイングを動画に撮って分析し、「いろいろなことが試せて1カ月があっという間だった」と話す。

これまでリーグ戦で結果を残してきたものの、1年時から主力として活躍をしており、腰痛など体に痛さのある個所があったが、「目いっぱい練習してしまうので故障につながる」と、休養日を入れながら練習ができ、「成長していると感じている」と話す。

春の戦いの火ぶたが切られた時、九州NO.1野手がどんな打撃を見せるのかが非常の楽しみ。全国の大会でその打撃を見せれば、評価はドラフト上位指名まで上がってくるかもしれない。

2020年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
2020年度-福岡六大学リーグのドラフト候補リスト

九共大・平良、逆境をチャンスに 西日本スポーツ紙面 2020/5/9

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント