1戦かぎりの早慶戦は慶大が勝利、早大・早川隆久投手、慶大・木澤尚文投手に巨人・ヤクルトスカウトが垂涎

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

東京六大学リーグでは1戦だけの早慶戦が行われ、慶応大が5-3で勝利した。

3回1失点、慶大・木澤投手

慶応大はリードした7回に、エースで154キロ右腕の木澤尚文投手が登板、7回、8回に150キロ台を連発して無失点に抑えた。9回に2アウトから同点に追いつかれたものの、延長10回のタイブレークでチームは勝利した。

早稲田大はエース・早川隆久投手が先発し、初回に150キロを連発すると、2回には154キロを記録した。しかし3回と7回にホームランを浴びるなど、8回5安打3失点で降板した。奪三振は7つだった。

共に結果としては満足はしていないと思うが、巨人・榑松伸介スカウト次長は早川投手について、「先発で常時150キロ。間違いなく12人に入ってくるでしょう」と高評価、東京ヤクルト・伊東昭光編成部長は木澤投手について「直球にカット、スプリットと力で押せるのが魅力。」と話し、「ウチが早川君と2人獲れないかな」と、早川、木澤のW獲りを思案していた。

例年、夏は高校生がクローズアップされるものの、秋には大学生が、「やっぱり大学生はすごい」と巻き返す。今年は夏の甲子園が行われている間にも、東京六大学のエースたちが、格の違いを見せつけている。

2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

巨人・榑松伸介スカウト部次長は「先発で常時150キロ。間違いなく12人(1位指名)に入ってくるでしょう」と高く評価していた。

ヤクルト・伊東昭光編成部長は「直球にカット、スプリットと力で押せるのが魅力。ウチが早川君と2人獲れないかな」と評した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント