国立大・京都工芸繊維大学の145キロ右腕・河野翔太投手は、巨人・オリックスの入団テストを受験

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

国立大の京都工芸繊維大の145キロ右腕・河野翔太投手が、巨人・オリックスの入団テストを受験する事が分かった。

スポンサーリンク

1浪で入学し、2年春前に野球部に入部

河野翔太投手は中学時は意岐部ボーイズでプレー、四条畷高校では2番手投手としてプレーしていたが、それほど目立った投手ではなかった。その後、一浪して国立大の京都工芸繊維大に入学すると、1年時はタイへ留学をするなどし、野球部に入ったのは約1年経った2月の事だった。

しかし、2年春のリーグ戦ではチームの主力となる。京都工芸繊維大は1950年から京滋リーグに所属しているが、学校内のグラウンドは狭く、昨秋からはフリー打撃、ティー打撃、外野ノックも禁止されているという。チームはリーグ2部に所属するが、2003年に優勝して以降は低迷をしている。

河野投手は内野手として出場しながら、投手としても登板し、チームを支えてきた。そして今年春の新型コロナウイルスの影響による活動自粛期間中に、「4月までは就活もしていたが、あと1、2年野球で勝負してみたい」と野球で挑戦をする腹を決めると、トレーニングジムに毎日通い、投球練習を本格的に続けた。その成果が出て、8月には145キロを記録し球速が3キロUP、球の回転数も2370回転を記録したという。

9月4日にプロ志望届を提出しており、今後は、巨人やオリックスの入団テストを受験する。また独立リーグのトライアウトにも参加し、「野球で勝負してみたい。先は見えないので不安ですが、奇跡を起こしたい」と話す。

まずは、145キロ右腕が自分の実力をしっかりと見せられることを期待したい。

2020年大学生プロ志望届提出選手一覧
大学生のプロ志望届提出選手一覧と、その選手の特徴を簡単に紹介します。10月12日に9名が掲載され合計158名になりました。
2020年度-京滋大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

肩の故障もなく本格的に鍛えれば、伸びる素材だ。9月4日にプロ志望届を提出。今後、巨人やオリックスが公募する入団テストを受験する。NPBだけでなく独立リーグも受験するつもりだ。大学では情報工学課程を学ぶが「野球で勝負してみたい。先は見えないので不安ですが、奇跡を起こしたい」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント