早大・早川隆久投手が13奪三振完封勝利、10球団視察「あとは何球団が競合するか」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

早稲田大の早川隆久投手が、法政大の鈴木昭汰投手との投げ合いを制し、9回4安打13奪三振で完封勝利を挙げた。別格の投球に10球団のスカウト幹部クラスも絶賛をした。

スポンサーリンク

最速151キロ

早川隆久投手は初回から151キロを記録したストレートの制球が良く、スライダーとのコンビネーションで三者三振を奪う。その後も多くの変化球を使う事なく、外角低めの真っすぐで相手バッターから空振り、見逃しの三振を奪っていった。

昨年までの課題だった中盤も、球の力が落ちる事なく乗り切る。相手の鈴木昭汰投手も好投を見せ、8回まで0-0が続いた事も力になった。そして9回表に味方が2点を奪うと、その裏も淡々と抑えた。9回4安打13奪三振、リーグ戦初完封勝利を挙げた。

早川選手は攻撃でも活躍を見せた。7回には出塁して2塁に進むと、鈴木投手のわずかな暴投の隙に三塁の滑りこんでセーフ、その回は点にはつながらなかったが、9回にはノーアウト1塁からバントを決めると、相手エラーを誘ってノーアウト1,2塁とチャンスを広げ、決勝の2点に繋げた。

小宮山監督は、「今日も、素晴らしかった」と話し、初戦に続いてエースを絶賛した。また、「僕ならベンチ裏で暴れていたと思う。よく辛抱した」と話し、味方が点を取れずなかった流れでもしっかりと投げた事を喜んだ。

絶賛

これだけの投球を見せられたら、もう何も言う事はない。視察した10球団のうち、横浜DeNAは三原一晃球団代表、北海道日本ハムは吉村浩GM、埼玉西武は渡辺久信GMなど球団幹部が視察をしたが、絶賛のコメントしか聞かれない。

埼玉西武・渡辺GM「いい投球を見させてもらっている。本当に良いピッチャー。すべてにおいてレベルが高い。来年どこかの1軍マウンドで投げているのが楽しみ。当然、必ず1位で競合するだろう。走り方も良かった」

横浜DeNA・三原代表「初めて見たがスカウトの評価通り直球に力はあるし、変化球も良い。ドラ1候補。間違いなくドラ1候補」

横浜DeNA・吉田球団代表補佐「うちは左投手を1位で取っているけど単独だった。早川はそういうわけにはいかない投手だ。」

広島・苑田スカウト統括部長「球に力があるし、このところずっといい投球をしている。左ではもちろんナンバーワン」

千葉ロッテ・永野スカウト部長「いうことなし」

北海道日本ハム・山田スカウト顧問「昨年の森下以上に安定感があるのでは」

他にも「あとは何球団が競合するか。」「別格だね」という声も聞かれた。

今年のドラフト会議の投手の目玉。もう何も言う事はない。疲労などが無ければ、来年はどこかの球団の左のエースとして投げているだろう。

2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年ドラフト指名予想
 2020年ドラフト指名予想です。

早大・早川についてDeNA・三原代表は「初めて見たがスカウトの評価通り直球に力はあるし、変化球も良い。ドラ1候補」とうなった。また西武・渡辺GMは「本当に良いピッチャー。すべてにおいてレベルが高い。来年どこかの1軍マウンドで投げているのが楽しみ」と絶賛。早川の積極的な打撃や走塁も「走り方が良いよね」とほれ込んだ様子だった。

西武・渡辺GMは「全てにおいてレベルが高い。走り方も良かった」と走りも評価。もちろん投球にはDeNA・三原代表が「直球に力があるし間違いなくドラ1候補」とした。

すでに9月のスカウト会議で1位候補に名前を挙げているロッテは永野スカウト部長が「いうことなし」と即答。日本ハム・山田スカウト顧問は、「昨年の森下以上に安定感があるのでは」と、7勝3敗で新人王争いを演じている広島・森下の名前を出し、高評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント