独協大・並木秀尊選手が大学で失敗無しの通算23盗塁の成功、ヤクルト・ロッテは幹部クラスが視察

中日ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

独協大の並木秀尊選手が、この日も2安打1盗塁の活躍を見せ、視察した3球団のスカウトにアピールした。東京ヤクルトは伊東編成部長、千葉ロッテは永野スカウト部長が視察した。

スポンサーリンク

23盗塁

前日の試合は背中の張りでスタメンから外れたが、この日は1番センターに復帰してフル出場をした。初回、レフト前のヒットで出塁をすると、次のバッターの初球に盗塁を成功させ、大学通算23盗塁とした。

並木選手は大学の公式戦で盗塁失敗は一度のないという。この日は3球団が視察をしたが、東京ヤクルトは伊東昭光編成部長が視察し、「脚力の面では魅力的な選手。五十幡は人工芝、並木は土のグラウンドでのプレーという違いはあるが、2人とも非常に甲乙つけがたい」と、ドラフト1位候補の俊足外野手・五十幡亮汰選手に並ぶと評価した。さらに中日の正津英志スカウトは「スタートの思い切りが良い。トップスピードに乗る速さなら五十幡を上回るかもしれない」と話した。

またこの日は2安打を打ったが、千葉ロッテも永野吉成スカウト部長は「福本さんみたいな選手になれる期待感がある。打撃フォームも欠点が少ないし、間違いなく指名はされるだろう」と、打撃についても評価をした。

首都リーグ2部でプレーをしており、大学のトップレベルの投手や捕手を相手にどんな打撃や走塁を見せるのかは見たいところだが、盗塁に関してはドラフト1位候補の五十幡選手と互角という所で、各球団もスカウト部長クラスが見極めに来ているのだろう。

東京ヤクルトはポスト青木のセンターで1番を任せられる選手が補強ポイントだが、五十幡選手が上位でなければ獲得できなさそうな状況で、チームは上位で投手の指名をする方針。そのため、並木選手をドラフト中位で獲得したいと狙っているのだと思う。

他球団との探り合いで、ドラフト3位くらいで指名される可能性もある。

2020年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

スカウトの評価は五十幡に少しも劣っていない。この日は3球団が視察したが、ヤクルト・伊東昭光編成部長は「脚力の面では魅力的な選手。五十幡は(神宮の)人工芝、並木は土のグラウンドでのプレーという違いはあるが、2人とも非常に甲乙つけがたい」と評価した。

視察したロッテの永野吉成スカウト部長は「福本(豊)さんみたいな選手になれる期待感がある」と、世界の盗塁王になぞらえて俊足ぶりに目を見張り「打撃フォームも欠点が少ないし、間違いなく指名はされるだろう」と評価した。

 中日の正津英志スカウトは「スタートの思い切りが良い。トップスピードに乗る速さなら五十幡を上回るかもしれない」と評した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント