上武大の強打の捕手・古川裕大選手が今季1号ホームラン、広島・ヤクルトなど6球団視察

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 広島カープドラフトニュース

上武大で、大学屈指の強打の捕手・古川裕大選手が、今季1号ホームランを放った。この試合には広島など6球団が視察し、東京ヤクルトは小川GMが視察した。

スポンサーリンク

強打の捕手

古川裕大選手は、キレイなバッティングフォームで、センターバックスクリーンに放り込むような、打撃の技術がある。打撃の面に関して大学NO.1捕手と評価される。

今年は新型コロナウイルスの影響もあり春季リーグ戦が無く、秋もまだホームランが出ていなかったが、この日の新潟医療福祉大戦で、3回2アウト2,3塁の場面で今年初となる3ランホームランを放った。

この日は初回から上武大打線が爆発し、打者13人の猛攻で8点を奪った。しかし、古川選手はノーヒットで、しかも1イニングで2回打席が回ってきたものの、一人で2アウトとなっていた。「打ってやろうと集中した」と3回の打席に臨んでいた。

この日は広島・東京ヤクルトなど6球団が視察に訪れているが、東京ヤクルトの小川GMは「リストの使い方が柔らかく、バットコントロールがいい」と打撃を評価した。

「去年はスカウトを意識しましたが、今年は自分の持てるものを出せればいいと思っている」と話した。捕手についてもアピールが欲しい所だが、上武大は1年生の進藤勇也捕手が素晴らしく、古川選手は春先にはショートの守備にもつき、またこの日も終盤はファーストの守備につき、内野手としてプレー出来る事も見せていた。

プロではこの打撃を生かし、他のポジションになるかもしれないが、今年の大学生野手が全体的にドラフト候補が少ない中で、古川選手の打撃は上位に入ってくると思う。

2020年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
古川今季1号、上武大が圧勝 西日本スポーツ紙面 2020/10/5

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 大砲獲得してください