144キロ右腕の日本文理高・長谷川優也選手が、東農大に進学し投手専念

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

日本文理高校で内野手としてプレーした長谷川優也選手が、東農大に進み、投手二千年して4年後のプロ入りを目指すことを明らかにした。

スポンサーリンク

二刀流

長谷川優也投手は、中学時代から投手・野手に二刀流で、高校でもその高い身体能力と打撃のパワーから、背番号5をつけて内野手としてプレーした。それでも最速144キロの速球を投げ、今夏の新潟独自大会では、新潟江南戦で4回10奪三振のピッチングを見せていた。

長谷川投手は、投手としてプロ入りすることを目標としていた。しかし、「高校野球をやりきるのが先決」と話し、二刀流としてチームを引き上げ、2年夏の甲子園にも出場をすることができた。それもあって今年はプロ志望届けを提出せず、「しっかり力をつけてプロに行くべき」と大学に進学することを決めていた。

東農大へ進学することがきまった。東農大は昨年秋に東都リーグの3部に降格したが、今年秋は3部で全勝優勝と力を見せ、2部に昇格する。長谷川投手は「1年生のうちに最速を150キロ台に乗せたい。すぐに試合に出て1部昇格を目指す」と話し、150キロの速球を武器にチームを1部に昇格させて、4年後のプロ入りに挑戦することを誓った。

東京農業大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

今秋、投手でのプロ入りが目標だった。NPBのスカウトへのアピールも意識した。ただ、「まず高校野球をやり切るのが先決」。新型コロナウイルスのため夏の甲子園が中止。勝っても負けても最後の大会になった県独自大会に集中した。大会後、「しっかり力をつけてプロに行くべき」と進学に絞り、プロ志望届は提出しなかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント