【東都リーグ】国学院大・山本ダンテ武蔵選手と1年生・佐々木泰選手が4本塁打

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東都リーグは現在、国学院大の山本ダンテ武蔵選手と青学大の1年・佐々木泰選手が4本塁打で並ぶ。

スポンサーリンク

本塁打王

この日はホームランは出なかったものの、今季は国学院大の山本ダンテ武蔵選手と青学大の佐々木泰選手選手が現時点で4本塁打を放っている。

プロ注目の4年生が追う。中央大の古賀悠斗選手が3本を打っており、この日は駒澤大の鵜飼航丞選手と国学院大の川村啓真選手が今季2本目となるホームランを放った。来年の注目選手、3年生の中大・森下翔太選手も2本打っており、役者が揃っている。

勝ち点制ではなく各カード2試合のみだが、7大学によるリーグ戦となっており、例年に近い試合数が行われる中で、ホームラン王争いも佳境に入る。1年生の佐々木選手が光るが、残りの試合数が少なくなってくる中で誰が本塁打王を手にするのか注目される。

2021年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント