上武大・ブライト健太選手が全国大会でホームラン、日本ハム・西武・ヤクルトが評価

大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

上武大のプロ注目スラッガー・ブライト健太選手が、全国大会初のホームランを放ち、大勢のスカウトにアピールをした。

スポンサーリンク

値千金

ブライト健太選手は184cm84kgの右のスラッガーで、今春のリーグ戦では3本塁打、打率.380を記録していた。葛飾野高校時代から素質に注目されていたが、この春にスラッガーとして大きく花開いていた。

この日は西日本工業大の隅田知一郎投手という、プロ注目の全国屈指の左腕投手と対戦したが、第1打席となる2回、レフトポール際への大きな当たりが惜しくもファウルとなると、その次の球を今度は左中間へと運んだ。「しっかりと強いスイングができました」と話す。

タイミングのとり方が独特だが、すれでも打つ瞬間のフォームは素晴らしく、リストの強さ、柔らかさも感じさせる。打球ももうひと伸びがある。

この日は12球団とも大勢のスカウトが視察をしたが、

埼玉西武・渡辺GM:「打ち直しで左中間に打てるなんていないね」

北海道日本ハム・大渕スカウト部長:「リストが柔らかく使える選手」

東京ヤクルト・度会スカウト:「思い切り触れるという彼の持ち味が出せていた」

と評価した。

遠投100mの強肩に、50mも5.9秒の足がある選手だが、長打力について「自分の魅力だと思っているので、アピールしたいと思っています」と話した。この日はこの一発で1-0で勝利した。プロ入りに向けて次戦もホームランを打ちたい。

 

プロも注目しており、この日は全12球団が視察。西武・渡辺GMを「打ち直しで左中間(席)に打てる(打者)なんて、いないね」と驚かせた。

プロ注目の上武大・ブライトが大会1号V弾!今秋ドラフト上位候補左腕から/デイリースポーツ online
 「全日本大学野球選手権・1回戦、上武大1-0西日本工大」(7日、神宮球場) プロ注目の上武大・ブライト健太外野手(4年・葛飾野)が大会1号となる決勝弾で初戦突破に貢献した。
プロ注目の上武大・ブライト健太がV弾 長打力は「自分の魅力」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
上武大が、プロ注目の強打者、ブライト健太外野手(4年=葛飾野)の一打で勝利をつかんだ。2回裏、先頭のブライトが西日本工大のプロ注目左腕・隅田知一郎投手(4年=… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント