慶大・正木智也選手が1発、広島スカウト部長「今すぐにでもうちに来てほしい」

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース

慶応大の正木智也選手が、大学野球選手権で待望の1発を放った。広島、中日などのスカウトが高評価をしている。

スポンサーリンク

こういう選手はうまくなる

正木智也選手は、春の東京六大学リーグ戦で4本塁打を放ち、右のスラッガー候補として注目されている。今大会はここまでノーヒットが続いていたが、準決勝の上武大戦で1発を放った。

休養日だった11日に堀井監督から顔が突っ込んでいることを指摘され、「最後までボールを目で追うように微調整しました」と話す。その結果が表れ、3回に先制の2ランホームランをレフトスタンドに運んだ。この日は第1打席で死球を受けたが、「踏み込まなくなるのはダメ」としっかりと踏み込んでの一打だった。

8回には同点に追いつかれた直後にの2アウト2、3塁の場面でレフト前に転がし、勝ち越し打を放った。ドラフト上位候補にふさわしい働きで慶応大を決勝に導いた。

この日も複数球団が視察をしたが、広島の苑田スカウト統括が高く評価をしている。

広島・苑田スカウト統括:「内角もうまく打つし、外の変化球もただ当てるだけじゃなく、しっかりスイングできている。軸がぶれない。凡退してもしゅんとしない。そういう選手はうまくなりますよ。野手では一番。このまま成長してくれれば中軸になれる。今すぐにでもウチに来てほしい。」

中日・八木スカウト:「遠心力が使える。長打という魅力を存分に出している」

広島は右のスラッガー候補を探しており、苑田氏の「野手では一番」という言葉は大きい。ドラフト2位での指名という流れになってゆきそうだ。また中日も現在得点力不足に悩んでおり、慶応大の先輩・郡司捕手を獲得した経緯もある。

東京六大学リーグで4本塁打を打ちながらも、なかなか評価の声が聞かれてこなかった正木選手に、いよいよ評価の声が聞こえはじめた。

2021年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
全日本大学野球選手権(2021)の注目選手一覧
6月7日に開幕する大学野球選手権の注目選手を紹介します。

▽広島苑田スカウト統括部長(正木に)「内角もうまく打つし、外の変化球も、ただ当てるだけじゃなく、しっかりスイングできている。凡退しても、しゅんとしない。そういう選手は、うまくなりますよ」

今秋ドラフトの野手の主役候補。素材にほれ込む広島の苑田スカウト統括部長は「軸がぶれない。野手では一番。このまま成長してくれれば中軸になれる」と絶賛した。2年秋の神宮大会は、捕手・郡司(中日)の後ろで5番レフト。日本一を体験したが、自身は1安打1打点だった。正木は34年ぶりの春の優勝に向け「今年は最上級生で4番で副主将。自分が引っ張っていって絶対に日本一になりたい」と誓った。

「眠れる獅子」がお目覚めのアーチ プロ注目の慶大・正木智也は死球ニモマケズ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 大会無安打の「眠れる獅子」が痛みに顔をゆがめた。今秋のドラフト上位候補で慶大の4番・正木智也内野手(4年、慶応)は初回、右膝に死球を受けた。今春の東京六大学リーグ戦で4本塁打と12打点で二冠に輝いた右の長距離砲にマークは厳しく、準々決勝から2試合連続の死球。それでも「怖がって踏み込めないことが一番ダメ」と心は折れなか...
【大学選手権】慶大34年ぶりVに王手 主砲・正木が決勝2点打 上武大を逆転で下す
 慶大(東京六大学)が上武大(関甲新学生)を逆転で下し、1987年以来34年ぶりの日本一に王手をかけた。決勝進出は2011年以来、10年ぶり7度目。6―6の8回2死二、三塁から今秋ドラフト候補の主砲・
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント