2021年注目の大学生のドラフト候補~投手編~(ドラフト直前予想)

ドラフト候補リスト 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

2021年の注目の大学生投手のドラフト指名予想をしてみます。

スポンサーリンク

大学生投手のドラフト上位候補

氏名学校投打身体/体重評価
佐藤隼輔筑波大左左181/80A-
隅田知一郎西日本工業大左左 172/66A-
黒原拓未関西学院大左左 173/77A-
山下輝法政大左左187/83A-
三浦銀二法政大右右175/80A-
椋木蓮東北福祉大右右179/71B+
鈴木勇斗創価大左左 172/78B+
赤星優志日本大右右 175/74B

筑波大の佐藤投手は、当初よりドラフト1位候補として名が挙がる。今秋に故障をし、ドラフト前の登板は難しい状況で、判断を保留する球団もあると思う。しかし、高校、大学1年から3年までの成長と、今年のドラフト候補の状況を見れば、ドラフト1位で指名されるのではないかと思う。

今年の春先は、ドラフト2位で取れればありがたいという評価だった黒原投手と隅田投手は、それぞれ春のリーグ戦、大学野球選手権でキッチリを結果を残した。他のカテゴリの1位指名候補層が薄い中で、ドラフト1位で指名される可能性が高くなった。

ただし、現時点で大学生投手のドラフト候補は出揃っていない状況。法政大が新型コロナのためにまだ秋の戦いに登場しておらず、注目の三浦投手、山下投手の4年最後の投球が見られていない。三浦投手は1年時より、山下投手は昨年夏の投球を見ると、大学生のトップに立ってもおかしくない。実戦不足でコンディションは良くないと思うが、10月9日の法政大のカードには多くのスカウトが注目することになりそうで、この結果次第でドラフト直前に1位指名が代わる可能性もある。

東北福祉大の椋木投手は、最終学年に先発として結果を出すことはできず、リリーフでも思うような投球ではなかったが、大学野球選手権では良い球の割合はまだ少ないものの、その球は目を見張るものがあった。即戦力としては計算しにくいが、将来的にリリーフで圧倒的な速球を投げている可能性がある。

左の鈴木投手は昨年秋に、ストレートで押し込む迫力ある投球を見せ、黒原投手に匹敵する力を持っていると思う。今年の投球は見られていないが、高く評価されそうだ。赤星投手は東都1部でも持ち味を十分発揮し、何より試合を作って長いイニングを投げられることを見せた。

ドラフト中位指名の候補者

ドラフト3位、4位あたりで指名されそうな投手は次の通り。

氏名学校投打身体/体重評価
桐敷拓馬新潟医療福祉大左左 178/84B
岡留英貴亜細亜大右右 180/77B
北山亘基京都産業大右右182/78B
翁田大勢関西国際大右右181/92B
権田琉成明星大右右 181/81B

桐敷投手は力投型だが多くの変化球を投げ分ける器用さもあり、安定したフォームも特徴。欠点が少ない所が欠点かもしれないが、プロではさらに球速帯を上げたい。

岡留投手は昨年秋が良く、今年春は良くなかったが今年秋は良い投球をしている。横からのストレートは、腕の振りよりもグーンと伸びてくる感じがする。変化球がもう少しで決め球はストレートだが、制球もアバウトなど課題もあるが、このストレートが武器となり、プロでは変化球を習得したい。先発として良い投手になると思う。

北山投手は腕を伸ばし気味に投げるフォームで、高めに伸びてくるストレートが特徴。こちらも変化球の精度がもう少しで、この秋はストレートを合わされているが、変化球を使えるようになればグーンと伸びてくる。フォームを欠点と評価するスカウトもいると思うが、高く評価された所に、このあたりで指名されるのではないかと思う。

翁田投手は、右横からの強い球が投げられる投手。リリーフを得意としており、リリーフの層を厚くしたい球団はチェックをしているだろう。春は制球の課題で思うような投球ができなかったが、この秋は見違えるような投球をしているようだ。リーグ戦にスカウトも視察ができない事から、リーグ戦前の練習を視察したようで、どのような評価となっているのか予想が難しい。

権田投手は腕をしっかりとしならせて投げ、フォーム的には一番、安心感があると行くか、ホッとする感じがする。まだ線が細いと感じるものの、上体に力感なく腕を振り、そこから低めに角度のあるストレートは伸びがある。変化球も精度も比較的高く、1打者1打者にいろいろなパターンで配球ができる。小さな動く球も使えて、プロでも登板するのは早いかもしれない。

下位、育成ドラフトの指名候補

ドラフト下位、または育成ドラフトで指名されそうな投手。

氏名学校投打身体/体重評価
古田島成龍中央学院大 右右 174/81B
山崎凪中央学院大 右右 175/80B
松井友飛金沢学院大右右 188/77B-
飯田琉斗横浜商科大右右 186/86B
伊藤稜中京大左左 178/86B
長谷川稜佑青森大右右180/83B
鈴木貫太朗皇學館大右右 180/81B-
富田龍四国学院大 B-
豊村直大北九州市立大右右 184/85B-

古田島投手は指が強そうで、腕の振りとは別の方向に球が出るような感じもさせるほど。回転も良く変化球も切れる。山崎投手は腕の振りと出てくる球の差を感じさせる投手で、突然ボールが出てきて突き刺さる感じ。

松井投手は大型右腕で豪快なフォームから迫力ある球を投げる一方で、変化球もしっかりと投げられ、投球の形ができる感じ。飯田投手はシンプルなフォームで高く評価する声もあるが、上体の力で投げている感じがあり、制球が効かなくなる課題がある。下半身の柔らかさを出して、下の土台で形が作っていけるようにしたい。

伊藤投手はコンパクトなフォームが特徴の左腕で、球に威力がある。ただし、即戦力と見るには、もう一つ何かが必要な感じがする。長谷川投手は155キロが注目されるが、力を入れた時のフォームは躍動感がある。このフォームで制球された球が投げられれば楽しみ。

鈴木投手は立ち投げのように見えるが、ストレートの威力は素晴らしい。非常にポテンシャルを感じさせる。富田投手は左腕投手で、肘を折りたたんでコンパクトに腕を振り、球の出どころが見にくい特徴がある。豊村投手は体が大きく、楽に投げて140キロ中盤を記録する。ポテンシャルを感じさせる。

早稲田大の徳山投手と西垣投手は候補から外した。徳山投手は春に140キロ台前半になり残念な印象だったが、この夏に球速を戻してきたが、秋はストレートのコントロールが効かない感じ。腕の振りや変化球が良く、実績もあるが、指名されるかどうかはギリギリで、社会人で見てと判断されるかもしれない。西垣投手は大学で動く球を使った投球にシフトした。評価する声もあるが球の力が物足りないと感じた。

この他、中央大の皆川投手、亜細亜大の松本投手など実績ある投手がいるが、社会人での投球を見てという感じか。

指名順位予想

最後に2020年のドラフト候補と比較して、指名順位を予想してみる。

順位2020年2021年
1~2位伊藤大海 苫小牧駒大(1位)
早川隆久 早稲田大(1位)
木澤尚文 慶応大(1位)
入江大生 明治大(1位)
鈴木昭汰 法政大(1位)
平内龍太 亜細亜大(1位)
山野太一  東北福祉大(2位)
森浦大輔  天理大(2位)
高田孝一 法政大(2位)
森博人  日本体育大(2位)
山崎伊織  東海大(2位)
佐藤隼輔 筑波大(1位予想)
隅田知一郎 西日本工大(1位予想)
黒原拓未 関西学院大(2位予想)
山下輝 法政大(2位予想)
三浦銀二 法政大(1位予想)
椋木蓮 東北福祉大(2位予想)
鈴木勇斗 創価大(2位予想)
赤星優志 日本大(2位予想)
3~4位佐藤蓮 上武大(3位)
大道温貴 八戸学院大(3位)
中川颯 立教大(4位)
内間拓馬 亜細亜大(4位)
河村説人 星槎道都大(4位)

岡留英貴 亜細亜大
権田琉成 明星大
北山亘基 京都産業大
翁田大勢 関西国際大
桐敷拓馬 新潟医療福祉大
5位以下村上頌樹 東洋大
大曲錬 福岡大準硬式
山本一輝 中京大
松井友飛 金沢学院大
富田龍 四国学院大
伊藤稜 中京大
育成佐藤宏樹 慶応大
石川達也 法政大
岩田将貴 九州産業大
近藤廉 札幌学院大
中村亮太 東農大北海道
赤上優人 東北公益文科大
宇田川優希 仙台大
中道佑哉 八戸学院大
齊藤伸治 東京情報大
佐藤奨真 専修大
水上由伸 四国学院大
奈良木陸 筑波大
山崎友輔 福山大
古田島成龍 中央学院大
山崎凪 中央学院大
飯田琉斗 横浜商大
長谷川稜佑 青森大
鈴木貫太朗 皇学館大
豊村直大 北九州市立大
2021年度-大学生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント

  1. 大学生野手編と社会人もお願いします