中京大の147キロ右腕・漢人友也投手が慶大相手に好投、「プロへの意識はあります」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

大学野球オータムフレッシュリーグでは、慶応大vs中京大の試合が行われ、147キロの速球を投げる来年のドラフト候補、中京大の漢人友也投手が登板した。

スポンサーリンク

来年ドラフトへ

漢人友也投手はこの日の慶応大戦で、4回2アウト満塁の場面で2番手で登板すると、139キロの速球で空振り三振を奪って抑えた。その後は、5回、6回、7回をノーヒットに抑え、3回1/3を無安打無四球自責点0(1失点)に抑えた。

「今日はカーブが決まった。うまく緩急を使って抑えられた」と話す漢人投手、来年のドラフト候補となるが、「プロへの意識はあります。今後は数字として150を出していきたい」と話し、来年を見据える。

常葉大菊川でエースとして、3年夏に甲子園に出場をし、日南学園戦で完封勝利を挙げている右腕投手。その頃は球速は143キロが最速だったが、現在は147キロまで速くなっている。来年までに150キロを記録し、指名候補に入りたい。

2022年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

中京大・漢人の体内にアドレナリンが駆け巡った。5回、先頭で迎えた慶大の4番は、清原和博氏の長男・正吾内野手(1年)。「(前打席で)タイムリーも打っていたし、意識はありました」。空振り、見逃しで追い込むと低めを振らせて3球三振。「カーブでうまく崩すことができた」と胸を張った。

中京大・漢人友也が地元静岡で“凱旋”好投、打者11人を無安打 - アマ野球 : 日刊スポーツ
中京大の最速147キロ右腕・漢人(かんど)友也投手(3年=常葉大菊川高出)が、地元静岡での“凱旋(がいせん)登板”で好投した。慶大戦の4回裏2死満塁の場面で、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント