慶応大が横浜商大とオープン戦、3年の山本晃大選手と2年の栗林泰三選手がホームラン

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

慶応大が今年最後の実戦となる横浜商大とのオープン戦を行い、ポスト正木として期待される3年生の山本晃大選手と2年生の栗林泰三選手がホームランを放った。

スポンサーリンク

ポスト正木

慶応大は、主軸として活躍してきた正木智也選手、若林将平選手が抜けるため、来年はこの二人に変わるクリーンナップの形成が課題となる。

この日のオープン戦では3番に3年生の山本晃大選手、4番の2年生の栗林泰三選手、5番の1年生の清原正吾選手を置き、山本選手と栗林選手がホームランなど2安打、清原選手も2安打を放った。

山本選手は浦和学院出身で、この日は「直球を仕留めること」とテーマに3回、ノーアウト1,2塁の場面でストレートを叩いてライトフェンスを超えた。「少しは形になっているのかな」と話した。

堀井監督は「外野で3番を打って欲しい」と期待をする。山本選手も「3年間ずっと出られなかった悔しさが一番にあります。やってやらなきゃいけないと思っています」と話す。

そして4番に起用された栗林選手も逆方向のライトへホームランを放ち、2安打の活躍を見せた。「最近は芯に当てれば飛ぶということが分かったので、確率をとにかく上げるように意識しています」と話し、右肩が下がらないようにレベルスイングをテーマにスイングをする。

堀井監督も「栗林はファーストで正木の後ですよね。」と話し、4番ファーストとして正木選手の後継者と期待する。

そして5番の清原選手も第1打席で右中間へ三塁打、第3打席はセンター前ヒットを打ち4打数2安打、堀井監督は「清原と2人で争ってくれれば」と、栗林選手と清原選手で4番を争うことを期待した。

しかし堀井監督は、「4人のレギュラーが残って、センター、ライト、ファート、キャッチャーが抜けました。めどはまだ立っていない。どんどん食い込んできて欲しい」と話し、他の選手の台頭も期待する。

今年最後の実戦を終え、来年春にはどんな選手がスタメンに名を連ねるのか、これも学生野球の魅力の一つとも言える。

慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

強打者の後を狙う。ソフトバンク2位指名の正木智也内野手(4年=慶応)が守っていた一塁の枠が空いた。堀井哲也監督(59)は「山本は外野で3番を打って欲しい。栗林はファーストで正木の後ですよね。これを清原と2人で争ってくれれば」と話した。

慶大主砲栗林泰三「目線」変え2安打1本塁打「確率を上げるよう意識」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
逆方向にたたき込んだ。慶大の栗林泰三内野手(2年=桐蔭学園)が、今年最後の実戦で2安打1本塁打の活躍をみせた。「目線」へのこだわりが成果を生んだ。打席内での「… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
慶大・山本晃大 今年最後のOP戦で1発「少しは形になって」成長実感 - アマ野球 : 日刊スポーツ
慶大が今年最後のオープン戦で勝利を挙げた。3番の山本晃大外野手(3年=浦和学院)が2打数2安打3打点1本塁打の活躍。強打をアピールした。テーマ通りの打撃が出来… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント