阪神ドラフト6位の豊田寛選手が、契約金3500万円、年俸800万円で仮契約

2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神は、ドラフト6位で指名した日立製作所の豊田寛選手と、契約金3500万円、年俸800万円で仮契約を結んだ。

スポンサーリンク

高校、大学で鍛えられ

豊田寛選手は、東海大相模で全国制覇を果たしたチームの主軸を打ち、国際武道大でも選手権で2年連続準優勝、日立製作所でも今年、都市対抗本戦に出場し、ヤマハ戦でホームランを放っていた。

常に主軸として期待される中でプレーをし、チームに結果をもたらした。担当した平塚スカウトも「人間性は高校、大学と鍛えられているので素晴らしい人間性です」と評価しており、「1年目から即戦力として活躍してほしい」と話す。

都市対抗の2回戦では「左ふくらはぎの軽度の筋挫傷」で出場ができなかった。新人合同自主トレまでもう1ヶ月も無く、まずはその回復からのスタートとなるが、目標は「開幕1軍」。阪神にも結果をもたらす選手になりたい。

2022年度-社会人外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

仮契約を終えて、安どの表情を浮かべた豊田は「プロ野球選手になったんだと思いが沸いてきた」。担当の平塚スカウトは「人間性は高校、大学と鍛えられているので素晴らしい人間性です」と改めて評価した。仮契約の場では「1年目から即戦力として活躍してほしい」と期待をかけられた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント